体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場の八丁味噌を和洋で大抜擢! 歴史マニアもうなる「岡崎まぜめん」【愛知】

f:id:Meshi2_IB:20160829110423j:plain

八丁味噌と家康の街「岡崎」

なごやめしに欠かせない八丁味噌。しかし、八丁味噌と名乗ることができるのは愛知県岡崎市にあるカクキュー八丁味噌まるや八丁味噌の2社のみ。それ以外の地域で作られているのは豆味噌や赤味噌と呼ぶのが正しい。

f:id:Meshi2_IB:20160829105953j:plain

▲味噌蔵が建ち並ぶ岡崎・八丁蔵通り

それこそ、何も知らない名古屋人が岡崎で「名古屋名物の八丁味噌……」と口を滑らせると、タイヘンなことになる。

それだけ岡崎市民の“八丁味噌愛”はハンパないのだ。また、岡崎市は徳川家康の生誕地であり、市民の“家康愛”も海よりも深い。

f:id:Meshi2_IB:20160829110003j:plain

▲徳川家康の生誕地、岡崎城

ところが、意外なことに岡崎にはこれといった名物料理がないのである。八丁味噌を使った味噌かつや味噌煮込みうどんなどの味噌料理は名古屋に取られてしまっているし。

そんな状況を打ち破ろうと立ち上がったのが「つけめん舎 一輝」の店主、杉浦正崇さんだ。

f:id:Meshi2_IB:20160829110207j:plain

そこで八丁味噌や徳川家康のように「岡崎といえばコレ!」と即答できるご当地グルメを作ろうと思ったんです。’09年頃に市内の同業者に声をかけて、それぞれオリジナルメニューを作っていました。しかし、ラーメン店だけではメニューが偏ってしまい、広がっていかないと思い、和食店や洋食店などにも呼びかけて、ジャンルを超えて取り組むことにしました。メニューは、岡崎の伝統的特産品である「八丁味噌」を使い、さまざまなジャンルや人が“まざりあい”、長くつながっていきたいという願いから、麺を使った料理としました。(杉浦さん)

それら麺料理を「岡崎まぜめん」と命名し、その定義を以下の八ヶ条にまとめた。 一、八丁味噌を使用!! 二、なたね油赤水を使用!! 三、汁なしである!! 四、麺料理である!! 五、ちゃんとまぜる!! 六、自分オリジナルの食べ方を見つける!! 七、まぜめんを食べ歩こう!! 八、まぜ友を増やそう!!

五以下は別にどうでもイイことです(笑)。でも、このユルさがジャンルを超えたメニュー作りには重要なんですよ。こうして’12年8月にうどんやパスタ、中華麺など和洋中の垣根を越えた「岡崎まぜめん会」が発足し、11月11日の「麺の日」に販売を開始しました。(杉浦さん)

深いコクと濃厚なうま味がたまらん

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。