ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奇跡の優勝を遂げたレスター・岡崎 「FW8番手」からの飛躍のきっかけとは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「姿勢が悪い」「肩こりがひどい」、あるいは「運動神経が鈍い」「走るのが遅い」などなど、自分の身体についての悩みはおそらく誰もが何かしら持っている。

それはスポーツ選手であっても同様。たとえば昨年のプレミアリーグで大活躍を見せ、初優勝に大きく貢献したレスター・シティの岡崎慎司選手は、プロ入り当初「足が遅い」ことが最大の悩みだった。

その鈍足の影響か、Jリーグの・清水エスパルスに入団した頃は、チームのFWの中で「8番手」という位置づけだったという。

これでは、プロ選手として成功するのは難しいが、「いくらダッシュをしても早くならなかった」という岡崎選手。

それでも相手より一歩速く前に出る瞬発力と、ゲームを通して走り続けられる運動量を手にするために、ダッシュとは別のアプローチでトレーニングを重ねた。

その結果、大きな飛躍を遂げたのは周知のとおり。いったいどんなトレーニングをしたのかが気になるところだが、岡崎選手はその一端を、自身がモデルとなって実演しているエクササイズ本『岡崎慎司 カラダ覚醒メソッド』(学研プラス刊)で明かしている。

■■眠らせているポテンシャルを覚醒させれば、運動能力は向上する

そもそも、ほとんどの人は持って生まれた運動能力のポテンシャルをフルに出し切っていないし、体の構造から考えて効率が悪かったりスムーズではない動き方が身についてしまっていることも多い。

それを正し、持っている力を最大まで引き出すエクササイズが、「カラダ覚醒メソッド」だ。ウェイトトレーニングやダッシュで筋力を高めるのは、このメソッドでポテンシャルをフルに出し切る体の使い方を身につけた後の方が、成長につながりやすい。

また、スポーツ選手に限れば、体のバランスが悪い人やケガをしがちな人にも効果があり、一般人にも、関節周りについた贅肉がすっきりし、体がスムーズに動くようになる。ボディーバランスが整えられるため姿勢が良くなるというメリットがある。

自分の眠っていた力を覚醒させるために、いつまでもきちんと動ける体を維持するために、あるいはダイエットに、岡崎選手のポテンシャルを覚醒させたエクササイズを試してみてはいかがだろうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

ダイエット中なら「おやつ」を食べるべき? 栄養学から明らかになった間食の効果

横浜DeNA三浦大輔が教えてくれる「逆境に負けない方法」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。