ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特別な日に利用したい!美食オーベルジュを厳選【関西・北陸・四国】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普段とは違う特別な雰囲気で美食を味わいたい、そんな時にピッタリの場所がオーベルジュ。もとはフランスが発祥の宿泊施設を兼ね備えたレストランです。

特徴は地域の食材を生かしたコース料理を提供していること。今回は関西・北陸・四国エリアから、おすすめのオーベルジュをご紹介します。

郷土の食材を使用した絶品のコース料理はもちろん、日常を離れた癒しを与えてくれる客室にも注目。シェフの気遣いやこだわりが詰まった朝ごはんもしっかり味わってみてください。

神戸北野ホテル【兵庫県神戸市】

郷土の素材を昇華させた五感が喜ぶ料理の数々。

鹿肉と砂糖大根:丹波産の鹿肉とビーツの赤が実に鮮やか。西欧では高級食材の鹿肉を目と舌で堪能できる。

兵庫県産茸のエスプーマなどが入った器にだし汁を注ぐ独創的なひと品

明石の魚と小松菜をテーマにした料理

常に料理と真摯に向き合う山口さん

フレンチレストラン『アッシュ』はモノトーンでモダンな印象

全30室の客室はどれも趣を変えた造り。写真はプレジデンシャルツインルーム。ベッドに天蓋が付くほか、猫足のバスタブの部屋も1つある

朝ごはん

山口浩総支配人がベルナール・ロワゾー氏から受け継いだ「世界一の朝食」。焼きたてのパンや果物そのままの味わいを活かした手作りジャム、丹波地どりの半熟卵など思わず笑みが溢れる品々がテーブルを色鮮やかに彩る。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。 神戸北野ホテル

TEL/078-271-3711

住所/兵庫県神戸市中央区山本通3-3-20

料金/1泊2食2万5000円~

アクセス/阪神高速生田川出口より10分

「神戸北野ホテル」の詳細はこちら

オーベルジュ・ドゥ・オオイシ【香川県高松市】

テレビのないオーベルジュで美食と波音に包まれる幸せ。

黒アワビのソテー:地物の天然黒アワビを旬野菜とともに。レモンとトマトのソースも爽やかな味わい。

シャラン産鴨肉のソテー:メインの鴨肉に負けないくらい野菜もたっぷりと添えられる

地魚を使ったアミューズ。シンプルな器を多用する

ダイニング。外観同様、白を基調にしたシンプルかつ大人の空間

客室の窓は約4mの高さがあり、瀬戸内の海と夕日を存分に眺められる造り。テレビと電話は置かれていない

中庭もアーティスティック

朝ごはん

オーベルジュらしいフレンチスタイルの朝ごはん。小麦粉と塩、水、イーストだけのシンプルな手作りパン、無農薬の果物を素材にした季節の自家製ジャムなど、細やかな部分へのこだわりがおいしさの秘訣。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。 オーベルジュ・ドゥ・オオイシ

TEL/087-843-2235

住所/香川県高松市屋島西町65

料金/1泊2食3万5000円~

アクセス/高松道高松中央ICより20分

「オーベルジュ・ドゥ・オオイシ」の詳細はこちら

里山のオーベルジュ 薪の音【富山県南砺市】

箸を使っても浴衣姿でも。気軽に味わう里山フレンチ。

葱と太刀魚 きのこのソースで:地元の長ネギを日本海の太刀魚で巻いたもの。ソースに五箇山産きのこをたっぷり使う。

9種の軽い燻製:五箇山豆腐や旬の魚介類を軽く燻製にした前菜

無花果のコンポート:白ワインのジュレとともに。秋のデザート一例

懐かしさと新しさが同居するくつろぎのロビー

特別室の浴槽はジャグジー付き。のどかな里山の風景を眺めながら入浴を楽しめる

2階にある特別室「四花菱」は和洋ミックスのモダンな空間。客室は全3室で里山ビュー

朝ごはん

朝食は焼き魚や卵焼きなど、郷土の素材を使った和食がベース。なかでも評判なのが、炊きたてご飯。館主自ら育てた特別栽培米コシヒカリを、昔ながらのかまど炊きにして提供する。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。 里山のオーベルジュ 薪(まき)の音(おと)

TEL/0763-62-3255

住所/富山県南砺市野口140

料金/1泊2食3万円~

アクセス/東海北陸道福光ICより7分

「里山のオーベルジュ 薪の音」の詳細はこちら

ワインとお宿 千歳CHITOSE【京都府宮津市】

ワインのストックは5万本。美酒と美食に酔いしれる夜。

季節の地魚のソテー:魚は漁港で直接買い付けるため新鮮そのもの。ゲストが選ぶワインに合わせて味を調整。

夕食は和洋の枠を超えた創作料理。伊根町筒川名産の手打ちそばが出ることも

メインの和牛ロースト。京都産のA5ランクを使うなど産地とクオリティにもこだわりが

圧巻のワインセラー。フランスで直接買い付けた希少銘柄も

本館3階のスイートルーム。寝室はベッドタイプで窓の外には天橋立が。本館と別館合わせて全7室ある

美人の湯と評判の天橋立温泉も堪能できる

日本三景のひとつに数えられる天橋立が目の前にある抜群のロケーション

朝ごはん

野菜の炊き合わせや焼き魚などを盛り込んだ和食がスタンダード。ご飯のほかに古代米のお粥を用意するのは、前日ワインを飲み過ぎたゲストを想定して。朝から飲みたい人のために、目覚めのシャンパンも用意する。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。 ワインとお宿 千歳CHITOSE

TEL/0772-22-3268

住所/京都府宮津市文珠472

料金/1泊2食1万5486円~

アクセス/京都縦貫道宮津天橋立ICより10分

「ワインとお宿 千歳CHITOSE」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

続々オープン!オシャレに進化♪今注目のカプセルホテル【関東・東北】
ファミリー旅行の参考に♪三世代で泊まりたい!人気宿ランキング5【東海】
ファミリー旅行の参考に♪三世代で泊まりたい!人気宿ランキング5【東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP