ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年も「工場の祭典」の季節到来、コウバ(工場、耕場、購場)を一般開放

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年10月6日(木)から10月9日(日)までの4日間 、新潟県・燕三条地域にて「第4回 燕三条 工場の祭典」が開催されます。

「燕三条 工場の祭典」は、2013年に初開催されて以降、毎回1万人を超える来場者で賑わうものづくりイベント。金属加工が盛んな燕三条全域を開催エリアとして工場78社に加え、「農業」を営む「耕場(KOUBA)」13社、「購買」に携わる「購場(KOUBA)」5社が参加します。普段はなかなか見る機会のないものづくりの現場を見学・体験することができます。

江戸時代の和釘作りから始まった燕三条の金属加工ですが、金物、洋食器、キッチンウェアへと広がりをみせ、現在では自動車やOA機器の機械部品などを供給する企業も多く存在します。

地元企業のコウバ(工場、耕場、購場)が一斉開放され、働く人たちと気軽に交流できるのが本イベントの最大の魅力。「鍛冶職人の伝統技術を体感」「毎日の食卓を支えるキッチンツール」「農具を使って農場体験」などテーマ別のオフィシャルバスツアーが用意され、レセプションパーティーやワークショップなど工夫を凝らした各種企画が予定されています。

今年は、奈良のライフスタイルブランド・中川政七商店の300周年企画「大日本市博覧会 第四回 新潟博覧会」も同時開催され、例年以上の賑わいが予想されます。

燕三条から約30分のところには岩室温泉もあります。ものづくりと温泉、地元グルメ、そして新潟の人々との交流を楽しみにぜひお出かけください。

ワークショップ、見学の様子(永塚製作所)

火造りのうちやま

田中衡機工業所

樋浦農場

「燕三条 工場の祭典」では、ロゴやブックレットなどのアートディレクションをクリエイ

ティブユニット「SPREAD」が担当。金属加工時に使用する炉を覗くと炎に含まれる鮮やかな「ピンク」が目を引くこと、工場の素材や工場自体の色には「シルバー」が多く見受けられることから、「ピンク」と「シルバー」にイメージを統。参加企業は、事前に配布されたピンクの「テープ」とピンクストライプの「段ボール」を使用し、工場の入口から内部、また近隣を含む町の至る所に誘導サインや看板を設置するなど、それぞれが工夫を凝らし、来場者を迎えています。

レセプションの様子(タダフサ)

第4回 燕三条 工場の祭典

会期:2016年10月6日(木)~10月9日(日) 9:00~16:00

※12:00~13:00を除く

会場:新潟県三条市・燕市全域及び周辺地域

詳細:http://kouba-fes.jp

Photo:(c)「燕三条 工場の祭典」実行委員会

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

糸の祭典「Do! イトフェス」開催! マーケットやワークショップで糸クラフトを満喫
ついに「東海蚤の市」開催!人気の北欧市、豆皿市も登場
コルビュジエ&ジャンヌレ作品展が広島へ巡回!約2倍60点の家具が登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP