ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、書き下ろし小説のキャラが登場する「虚無病」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

amazarashiが、10月12日にリリースするミニアルバム『虚無病』より、タイトル曲のMVを公開した。

MVでは、秋田ひろむのパフォーマンスカットに加え、10月15日(土)に幕張メッセイベントホールで行なわれる初の360°ライヴともリンクする、秋田の書き下ろし小説『虚無病』(特設サイトで1章公開中)の登場キャラクターが実写、アニメーションで描かれている。

また、収録曲「僕が死のうと思ったのは」の先行配信がiTunesで開始。2013年に秋田が中島美嘉に提供して話題を呼んだ名曲を、新たなアレンジでセルフカバーしたものとなっている。こちらも併せてチェックしてみてほしい。

■「僕が死のうと思ったのは」 iTunes先行配信

https://itunes.apple.com/jp/album/id1156807266?at=10lpgB&ct=4547366278941_wn&app=itunes

「虚無病」MV
https://youtu.be/qh8k1veqABs

ミニアルバム『虚無病』
2016年10月12日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD+DL)

AICL3175~7/¥2,000+税

・amazarashi LIVE 360°「虚無病」スマホ用ダウンロードコード(1Track)

・Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」よりライブ映像3曲 

・クリア三方背ケース

・小説「虚無病」封入

【通常盤】初回仕様(CD)

AICL3178/¥1,500+税

・初回仕様ランダムキャラクタージャケット(5種封入)

<収録曲>

■CD

1 僕が死のうと思ったのは

2 星々の葬列

3 明日には大人になる君へ

4 虚無病

5 メーデーメーデー

■DVD ※初回生産限定盤のみ

amazarashi Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」

・穴を掘っている

・この街で生きている

・ナモナキヒト













カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP