ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血管年齢も若くなる!? 奇跡の野菜 “赤ビーツ”のポタージュ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「飲む輸血」! 赤ビーツを使った美肌メニューをご紹介

涼しい日が多くなり、あたたかい料理が嬉しい季節になってきました。
今回は、肌寒い朝食にも嬉しいビーツのポタージュをご紹介します。
ビーツといえば、ロシア料理のボルシチが有名ですね。
独特の美しい赤はビーツの色です。

真っ赤な色の赤ビーツは「飲む輸血」と言われるほどの栄養をもっています。
カリウムの効果でむくみの改善、カラダすっきり。
リン、ナトリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルやビタミンが美肌に導いてくれるのです。
そんな美野菜ビーツの、作りやすいポタージュレシピです。

 

見た目もきれい♪ 赤ビーツのポタージュのレシピ

・ビーツ塩煮缶詰(茹でビーツ)…150g
・玉ネギ…1/2個
・サツマイモ…70g
・ニンニク、ショウガ…各1かけ
・野菜だし1パック(コンソメ1個)
・豆乳…100ml

①玉ネギとサツマイモを一口大にカットし、鍋に入れ、ニンニク、ショウガも一緒に、ひたひたの水で煮る
②煮えてきたら、ビーツを入れ、野菜だしを加え更に煮る
③全てが煮えたら豆乳と一緒にブレンダーかミキサーにかけ、味を整え、お好みのポタージュに仕上げます

 

ビーツはアンチエイジング効果も期待できます♪

ビーツは、抗酸化の強い野菜ということはなんとなくご存知だと思いますが、注目の成分は、「NO(エヌオー)」と呼ばれる成分で、血管の筋肉を柔軟にして血液の流れをスムーズにしてくれるそうです。
血管年齢が若いと、見た目年齢も若いと言われています。
奇跡の野菜ビーツで、内側からアンチエイジングを叶えちゃいましょう♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP