体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「俺のハンバーグ山本」から「山本のハンバーグ」へ。山本社長が語る激烈ハンバーグ愛

f:id:Meshi2_Writer:20160901035254j:plain

「俺の」から「山本のハンバーグ」へ

「俺のハンバーグ山本」という、一度聞いたら耳に残るネーミングのハンバーグ専門店があります。ハンバーグに特化した業態で一世を風靡したお店ですが、今年の春に、代表を務めておられた山本昇平氏が、新たな名前のお店を展開されはじめたとのこと。

現在は「山本のハンバーグ」というネーミングでお店を展開され、すでに都区内に6店舗を構えていらっしゃるといいます。新展開されたお店は、一体どんな感じなんでしょう。

今回ありがたいことに、山本さんにお時間をいただくことができました。さっそく東京・渋谷区恵比寿は「山本のハンバーグ 恵比寿本店」へ。

f:id:Meshi2_Writer:20160901035929j:plain

「待ってたぞ。ハンバーグ食べたいんだって?」

「そうなんす、アニキ」

そういうやりとりを妄想しちゃいそうな、ナイスガイ&タフガイな雰囲気の山本社長。

f:id:Meshi2_Writer:20160901040120j:plain

「まずはお店の中へどうぞ」

山本社長、実際にお会いするまでは、体育会系のイメージだったんですが、穏やかな話し方をされる物腰が柔らかい方です。

f:id:Meshi2_Writer:20160901040506j:plain

恵比寿本店は、なんだかとても暖かみがあって、スタイリッシュなお店。

f:id:Meshi2_Writer:20160901040518j:plain

女性の方が一人で来店しても入りやすそうな、いい雰囲気の内装ですよね。

サービスや商品力で勝負したかった

──まず「俺のハンバーグ山本」から「山本のハンバーグ」にお店の名前を変えられたのは、どうしてなんでしょう?

「俺のハンバーグ山本」というお店の名前自体は13年前に出店した時に、私が考えた店名です。オープンから4年ほどしてから、当時私が所属していたムジャキフーズさんが商標を取得されました。

私自身は、料理人として修行を積んでお店を出したわけではないんですね。大学を出た後に、独立支援を主力事業にしていたムジャキフーズさんに新卒で入って会社員として働いていました。そこは、社員各々が企画を出してプレゼンテーションをやって「いけそうなプランならお店を出してあげるよ」という仕組みがある会社だったんです。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。