ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

船で世界一周「TRAVELERS BOAT」レポート!毎日ワクワクしながら過ごしています

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TABIPPOとピースボートが今年の夏に始めた新しい船上プログラム「TRAVELERS BOAT」

ピースボートの船の上からその旅の様子をSNSやブログでレポートしたり、「人生でやりたい100のリスト」を各ジャンルで活躍する講師のサポートのもと作成したり。人生を変えてしまうような充実した船旅にするプログラムです。

今回はTRAVELERS第1期生となった4名の乗船者をご紹介!

 

中村佳織

神奈川県出身の24歳、中村佳織です。3年半ほどIT業界でSEとマネジメントの仕事をしていました。13歳の時にブラックミュージックを好きになり、黒人文化や発展途上国に興味を持ちました。一番思い入れのある国はホームステイをしていたバンクラディッシュです。好きなタイプは「ルパン三世」です。


20歳で就職する時に25歳まではがむしゃらに仕事をして、成長してから好きな事をしようと決めていました。そして24歳の時にトラベラーズボートの応募を見た瞬間に「これは私のため言っているな。」と思い、その場で応募しました。この乗船をやりたい事を始めるスタートにしようと決めました。

船に乗って1番最初の気掛かりは3か月一緒に暮らす事になるルームメイトの事でした。どんな人が来るのか1番乗りで部屋で待っていて、初めて4人が揃った瞬間に「あ、この部屋は大丈夫だ。」と思ったのが第一印象です。

2段ベッドの上下はローテーションで交代する事、部屋の消灯時間など簡単なルールだけ決めて、それ以外は本当に自由に生活しています。また、最初の寄港地の台湾では4人で基隆港からタクシーと電車を乗り継いで、九份と十分を観光しました。4人で1面ずつランタンに筆を入れて空に飛ばしたことがとても印象に残りました。

船内の廊下歩いてて、どっかからすごい笑い声聞こえるなぁと思うと自分の部屋だった。#TRAVELERSBOAT #ピースボート #ルームメイト #船旅 #世界一周 pic.twitter.com/xgJRucbpJV

— Kaori (@Mrj19pp) 2016年9月14日

 

黒崎浩司

綺麗な風景や物が好きで、鍛えるのも好きな広島出身25歳の黒崎浩司です。僕は約3年間美容師として働いていました。スタイリストとして美容師を一生の仕事にするか決断しようと考えたとき、一度美容師の道を離れてみようと決断しました。

その後アパレル会社に就職したものの、いまいち仕事に没頭できず、「一生懸命仕事できないくらいなら仕事より先にプライベートでしたいことを優先しよう」と考え、ずっと昔から興味のあった、世界一周をしようと決意しました。

僕はこの国に行きたいとか、実は特になくて、とりあえず漠然と世界一周したいと思っていました。ピースボートでの船旅か、バックパックでの旅かで迷っていたタイミングで、TABIPPOに出会い、このTRAVELERS BOATの存在を知りました。

通常のプランより格安なのにいろんな経験ができそうだし、旅している人たちの話しも聞けると思い、乗船を決めました。

船の中ではジムやいろんな事業が無料で受けられるので、体を鍛えたり、同じTRAVELERS BOATのななちゃんと一緒に社交ダンスを頑張っています。プースとジャグジーが各3箇所づつあり、毎日がバカンスのようです。みんなでお酒を呑んだり船内でできた友達と語り合ったりしています。

外国人のスタッフの方々は新設で、レディーファーストで、なにより笑顔が素敵な方々ばかりで、楽しく生活できています。

世界一周、初寄港地、台湾へ! #TRAVELERSBOAT #ピースボート #ライター #クルーズ #台湾

kouji_kurosakiさん(@kouji_kurosaki)が投稿した動画 – 2016 8月 25 8:47午後 PDT

 

安田菜久恵

埼玉県生まれの25歳。高校卒業後、バレーダンサーとして4年間部隊に立っていましたが、憧れだったウェディングプランナーに転職しました。たくさんの結婚式を担当させて頂いたのち、将来のいろいろ考えて退職、今に至ります。

TABIPPOのイベントで、TRAVELERS BOATのことを知り、世の中に発信していくこの企画に、おもしろそうと興味をもったことがキッカケです。漠然といつか世界を一周したいという気持ちを持っていました。そのいつかはいつなんだろうと思うことがふとあり、今しかないという気持ちが強くなったので、決断しました。

とにかく好奇心の赴くままに、好きなことをしています。朝起きて好きなところでご飯を食べて様々な講座を受けて、夕日を眺めて、みんなで飲んで…たくさん友達もできました。

特に踊ることが好きなので、サルサダンス、フランダンス、社交ダンス、太極舞など、とにかくダンスの講座を受けたり、ときには社会問題や英語を学んだり、たくさんのことを吸収して、毎日ワクワクしながら過ごしています。

インドの人々の顔が濃すぎて、自分の顔の薄さが際立ちます…笑 言葉があまり通じなくても、なんとかコミュニケーションはとれる!!みんなすごく優しくて本当に素敵な思い出になりました✨インド、また行きたいな… #TRAVELERSBOAT #ピースボート #92回 #世界一周 #地球一周 #船旅 #旅 #インド #コーチン #travel #cruise #India

nanae yasudaさん(@na_na_ny)が投稿した写真 – 2016 9月 14 1:37午後 PDT

 

原田ゆみ

大阪生まれ大阪育ち、28歳の原田祐未です。6年半のOL生活の後、関西ベースLCCの客室乗務員に転職。高校2年時にニュージーランドへ1年間留学したことがきっかけで海外に興味を持ち始め、就職後もロンドン、カンボジア、インド等、定期的に旅をしながら生きてきました。

夢は、人生のパートナーとバックパッカーで世界一周し、自然の多いニュージーランドで子育てをすることです。

29歳になる今年、「自分の人生このままでいいのか」と悩みの壁にぶつかっている時、ピースボートセンターにて行われたトークイベントに参加したことが全ての始まりでした。このトークイベントがきっかけで、「もっと色んな人、世界、価値観に触れたい」と心の中の声に気づき、旅に出るなら自分の感じたことを沢山の人に発信していきたい思い、会社を退職しTRAVELERS BOATを選びました。

 

船の中のイベント盛りだくさん?


船内では、水先案内人と言われる作家やアニメーション監督などの講演会に参加しています。その他にもサルサやヨガなどの無料で参加できるカルチャースクールにも参加していて、毎日のスケジュール繰りが大変です。

また、船内のイベント企画チームに参加し、乗船者の一芸を披露する芸達者祭を開催しました。準備を進める中で世代を超えた沢山の乗船者とコミュニケーションができ、一気に人の輪が広まったイベントでした。

 

船内には居酒屋もあり、世代を超えてお酒をしっぽりと飲み交わす時間が何よりも楽しみです。

ついに今朝スエズ運河入港!
スエズ運河からみたシナイ半島から登る朝日は圧巻。反対側の朝日に照らされるエジプトは今までとは違う異国な雰囲気。#ピースボート #TRAVELERSBOAT #スエズ運河#世界一周の船旅 pic.twitter.com/7PiTMBfctt

— はらちゃん (@yyy3co1) 2016年9月14日

 

 

93回・94回ピースボート乗船者、絶賛募集中!

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2016年12月に出発する93回ピースボートと、2017年の4月に出発する94回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

 

プログラムの主な内容は以下の2つです。

①SNSでの情報発信やライターの経験を!

1つ目は船上の様子や寄港地でのツアー、体験を、TwitterやInstagram、そしてTABIPPOの運営する旅メディアなどで発信して頂くライターとしての活動です。

このライター活動でピースボートのPRを行ってもらうため、本来のピースボートの乗船価格よりもTRAVELERS BOATは格安で申込み頂くことが可能になっています。SNSでの発信やブログ記事作成の経験が無くても、TABIPPOメンバーがイチから詳しくやり方やコツを伝授しますのでご安心ください。

②下船後の生活や仕事、人生について考えるプログラム

2つ目は「人生を変える船旅にするプログラム」です。大学を休学する方、仕事を退職し転職活動前に乗船する人など様々かと思います。今後の人生や仕事の選択について講師がサポートし、大きなキッカケとなるようなプログラムを用意しております。

具体的には「人生でやりたい100のリスト」をプログラム参加者で作成、ブラッシュアップし、下船後や今後の人生でやりたいことを整理し、アクションを明確化するようなプログラムです。様々なジャンルのプロフェッショナルがTRAVELERS BOATのサポート講師として乗船し、プログラム参加者の今後の人生をよいものにするためサポート致します!

 

第93回のピースボート航海

◉寄港地 2016年12月9日(金)〜2017年3月22日(水)

日本→上海→シンガポール→モーリシャス→マダガスカル→モザンピーク→南アフリカ→ブラジル→ウルグアイ→アルゼンチン→チリ→ペルー→タヒチ→サモア→日本

◉金額

18歳〜24歳:850,000円
25歳〜29歳:990,000円

 

第94回のピースボート航海

◉寄港地 2017年4月12日(水)〜2017年7月25日(水)

日本→シンガポール→タイ→スリランカ→ギリシャ→サルディーニャ島→スペイン→・ポルトガル→フランス→デンマーク→ラトビア→ロシア→フィンランド→エストニラ→スウェーデン→ノルウェー→アイスランド→バミューダ諸島→ベネズエラ→パナマ→ニカラグア→エルサルバドル→ハワイ→日本

◉金額

18歳〜24歳:750,000円
25歳〜29歳:990,000円




関連記事リンク(外部サイト)

美しくそびえ立つ10の灯台がため息が出るほど美しい!
1000人で地球一周の船旅へ!経験者がもう一度乗船したい5つの理由
世界一周の手段はこれで決定!あなたの旅は船派?飛行機派?
背景には壮絶な物語が!ヨットで世界一周した日本人5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP