ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重量5kgと聞いてもなお、キャンプに連れていきたい「ピザ用クッカー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザよりほかに心躍る料理があるだろうか。というくらいピザを愛してやまない人は、決して少なくない。

あの味はピザ窯があってはじめて成立する。たしかにそうだろう。でもね、この「IRONATE」には期待せずにはいられない何かがある。アウトドア料理に目がない人、キャンプ好きなら尚のこと。

石窯でつくる味を
本格再現したピザ用鍋

そもそも、なぜ窯で焼くピザがおいしくなるかといえば、食材を直接焼くのではなく余熱で焼くから。熱風が瞬間的に食材を包み込むことで、旨みや水分を逃すことなく均一に焼き上がる。近年、この石窯の原理を応用した家庭用オーブンが登場してはいるが、味にうるさいピザ好きを満足させるのはなかなかに難しい。

そこでこのIRONATEだ。

石窯も最新式のオーブンもなくたってこの仕上がり。聞けば家庭用のコンロでもこんがりふっくらピザが焼け、調理時間もたったの3分程度だという。

「Tale Impossibile!(そんなの無理だって!)」

なんて肩をすくめるイタリア人を想像してしまうけれど、のちに紹介する動画を見れば、それがデタラメでないことが分かる。

石窯風ピザを再現するために、開発された薄く熱伝導をよくした特注の鉄鍋。前述のとおり、本来は家庭用ガスコンロ(IHも可)の火力にも対応するよう設計されたもの。けれど、直径25センチ(いわゆるMサイズ)を焼き上げる薄い平鍋は、重さもも5kgにとどまり、場所もとらない。おまけに専用の木箱に入れて持ち運びもラクラク。

ならば、活躍の場を家だけに限定する必要はないんじゃない?ほらほら、PRムービーにもこんな場面が。

アウトドアシーンで活躍必死!
グリル料理もそつなくこなす

例えば、こんな感じにアウトドアの直火でどうぞ。

日本バーベキュー協会によれば、いわゆる炭を使ったものや薪による直火でもおおよそ230℃〜250℃といったところ。ここにIRONATEを10分も火にかければ、鍋の温度は400℃近くにまで上昇する。

高温に熱された鉄の鍋とフタで上下から生地を閉じ込めることで、石窯の炉床と同じ環境をつくる。これが、すべての仕掛け。だから、豪快にお肉を焼くような火を用意しなくたって、2、3人規模のキャンプファイアーでも十分にふっくら焼きあがりが期待できるという訳。ビール片手に、あとは焼き上がりまでしばしの時間を楽しめばいい。

そうそう、IRONATEはグリルパンとしてお肉、野菜、魚なんでもアリ。つまり、余分に調理道具を持たずとも、これさえあれば“アウトドアめし”が自在に楽しめしまうというワケ。

熱々になった鍋の取っ手にひょいっと引っ掛ける専用の鍋つかみもGOOD。これ、もともとは鍋とフタを重ね止めするためのもの。ひっくり返してフタをそのまま皿代わりに使用するときにも役に立つ。

ガスコンロでもOK!

一般的な家庭用オーブンの出力は250〜300℃で天井を迎える。これを超える350℃近くまで上がる機能が前述の石窯タイプのオーブンだけど、それにしたって店のピザ窯の炉床温度(だいたい500℃近い)には到底及ばない。

それを思えば、ガスコンロの火でもおいしいビザを焼けるという事実が、ピザに目がない自分からすればたまらなくうれしい。

日本円にしておよそ13,000円ならば、手の届かない価格ではない。唯一気になることといえば、5kgの重さを考慮した輸送料くらいなもの。迷わずこちらからGO!Licensed material used with permission by IRONATE

関連記事リンク(外部サイト)

本格的な石窯風ピザが、自宅のガスコンロで焼ける「Stovetop」
キャンプに連れていきたくなる「マルチなボトル」が登場!
車種に合わせてオーダーメイドできる、アウトドア専用「キッチン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP