体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】食体験ミッション 「魚のさばけるオトナになりたい!」~実際に作ったら、もっと好きになった! vol.2

f:id:tabearukist:20160927102316j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストSudaです。食体験ミッションでは、私たちタベアルキストが様々な食の体験にチャレンジ、その体験レポートをみなさんにお届けしようという体当たり企画です。 体験内容はメンバーもジャンルも多岐に渡る予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

魚くらい自分でさばけないと!

さて、第2回目のミッションは「魚のさばけるオトナになりたい!」です。

突然ですが皆さん、魚さばけますか?

まさか切り身の形で泳いでいるなんて思ってはいませんよね?

お寿司やお刺身で口にしたことはあっても、お料理になる前の元の姿を想像できる魚はそう数多くありません。

魚離れが進んでいるといわれていますが、そもそも「魚を知らない」ということがひとつの要因である気がします。

いまや魚はパックに入って切り身で売っていて、食べるのに特に困ることもないけれど、もし自分の手で魚がさばけたら、魚料理に愛着を持ててより一層美味しく感じられるかも知れない!

何より自分で魚がさばけたらカッコ良くないですか?

というわけで、魚のさばけるオトナになるべく、今回は「日本さばけるプロジェクト」が主催する、「さばける塾」に参加して、「魚をさばく」体験をしてきました!

「日本さばけるプロジェクト」とは?

f:id:tabearukist:20160927005044p:plain

“魚をさばく”という行為を通して、海の恩恵である生命について考えたり、”さばける”ことへの憧れや喜びによって、日本中がもっと魚に触れ、魚を味わいたくなる新たな食のムーブメントを切り開くプロジェクト。

「さばける男子・女子」を育成すべく、調理専門学校やテレビ局の協力のもと「さばける塾」を無料開講。7月〜11月の間に、東京にて10回の開催のほか、全国31地域にて開催する。

またYou Tube上に「さばけるチャンネル」を開設。約70魚種の魚それぞれのさばき方や、包丁の手入れ方法などを動画配信している。

名入りのマイ包丁で気分がアガル

f:id:tabearukist:20160927005202j:plain

「さばける塾 in 東京」は服部栄養専門学校で行われました。夏休み中の小学生とその親御さんで老若男女さまざまな参加者が20名ほど。魚を食べるのは好きだけれど、私を含め、魚をさばくことには慣れていない人がほとんどでした。

そんな初心者でもうれしい特典が。それは名入り包丁をゲットできるということ! 東京開催の場合に限るようですが、希望者は事前申し込みで定価1万円相当の名入りの包丁を半額で購入することができます。調理専門学校の選ぶ包丁なので使いやすさはお墨付き、包丁のお手入れも「さばけるチャンネル」でバッチリ学べます。

もちろん私も注文しました!名前が入るだけで、一瞬にして愛着がわき、テンションもアガルから不思議。さっそくこの包丁を使って魚をさばいていきます。

f:id:tabearukist:20160927005118j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy