ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』、セールス・DLともに1位で総合ALチャート制覇!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』、セールス・DLともに1位で総合ALチャート制覇!

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”のトップ3では、ニューリリースのタイトルが並んだ。8年ぶりのアルバムとしてリリース前から注目を集めていた宇多田ヒカル『Fantome』が2位以下を大きく引き離すポイントで1位を獲得。テレビ出演など精力的なプロモーション効果も後押ししてCDセールスでは24万枚を超える数字を叩き出し、さらにダウンロードでも1位として大きくポイントを積み上げた。彼女の復活を心待ちにしていたファンが多かったことがわかる結果となった。この勢いが次週以降も続くのかに注目したい。

 2位は、15周年を記念してリリースされたEXILEのベスト・アルバム『EXTREME BEST』。CDセールスでは、『Fantome』に次ぐ2位に入ったが、その他の指標で『Fantome』を上回ることができず2位に落ち着いた。テレビアニメ『マクロスΔ』から生まれた女性5人組音楽ユニット、ワルキューレの2ndアルバム『Walkure Trap!』が3位に。前作からわずか3か月という短い期間でリリースされた今作、CDセールス3位・ダウンロード3位・ルックアップ5位とバランス良くポイントを稼いでトップ3入りを果たした。

 先週2位のRADWIMPS『君の名は。』は、今週初めてトップ3入りを逃してしまい4位にチャートイン。しかし依然としてCDセールス4位・ダウンロード2位・ルックアップ1位と各指標で上位をキープしている。映画は、観客動員1000万人&興行収入130億円を突破しており、『君の名は。』旋風はまだまだ収まる気配はなさそうだ。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『EXTREME BEST』EXILE
3位『Walkure Trap! 』ワルキューレ
4位『君の名は。』RADWIMPS
5位『daydream』Aimer
6位『アトム 未来派 No.9』BUCK-TICK
7位『THIS IS Flower THIS IS BEST』Flower
8位『香音-KANON-』桐谷健太
9位『Just LOVE』西野カナ
10位『大傑作撰』森山直太朗
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

10月10日付 Billboard JAPAN HOT Albums
iKON「DUMB & DUMBER」114,653枚売り上げ、初登場でJAPAN HOT100総合首位
宇多田ヒカル『Fantome』243,571枚売り上げ、アルバム・セールス首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。