ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】iKON「DUMB & DUMBER」114,653枚売り上げ、初登場でJAPAN HOT100総合首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の7人組ボーイズグループiKONの初めての日本オリジナル・ソング「DUMB & DUMBER」が114,653枚を売り上げ、RADWIMPS「前前前世」からJAPAN HOT100総合首位を奪取した。

 RADWIMPSは依然として「前前前世」「なんでもないや」「スパークル」「夢灯籠」の4曲がトップ100位以内にチャートイン。「前前前世」はダウンロード・セールス、動画再生で1位となっており、動画再生回数は500万回超をキープして衰えを見せない。また「なんでもないや」は、映画『君の名は。』ヒロイン上白石萌音のデビュー・アルバム『chouchou』にも提供され、RADと上白石ともに順位を上げている。

 今週チャートの台風の目となった宇多田ヒカルは、「道」「二時間だけのバカンス feat.椎名林檎」「花束を君に」の3曲がJAPAN HOT100にチャート・イン。「道」は3週連続でラジオ1位、ダウンロード・セールスでも5位とアルバム『Fantome』だけではなく、曲単位でも注目を集めている。その影響で、「First Love」「Flavor Of Life」など旧タイトルもダウンロード・セールスを伸ばす展開となっている。

 また総合19位にPSY「江南スタイル」がチャート・イン。なんと動画再生回数で4,124,228回をマークしての躍進で、これは、世界中で注目を集めるピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」の動画から、続いて「江南スタイル」が再生されることが多いための結果といえる。

◎【JAPAN Hot100】トップ20
1位「DUMB & DUMBER」iKON
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「LOSER」米津玄師
4位「なんでもないや」RADWIMPS
5位「道」宇多田ヒカル
6位「好きな人がいること」JY
7位「どーだっていいの」カントリー・ガールズ
8位「スパークル」RADWIMPS
9位「恋」星野源
10位「My Boo」清水翔太
11位「みれん心」氷川きよし
12位「DESTRUCTION ROAD」UNDEAD
13位「薔薇のように咲いて 桜のように散って」松田聖子
14位「涙のない世界」AAA
15位「なんでもないや」上白石萌音
16位「Ordinary Girls」Happiness

関連記事リンク(外部サイト)

10月10日付 Billboard Japan HOT 100
iKON『DUMB & DUMBER』114,653枚売り上げ、シングル・セールス1位
宇多田ヒカル『Fantome』243,571枚売り上げ、アルバム・セールス首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP