ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】アリス=紗良・オットのニューアルバム『ワンダーランド』が第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、アリス=紗良・オットの9月9日発売の新譜『ワンダーランド』が第1位を獲得。4年ぶりのソロ・アルバムだ。リリース以来4回のチャートインを数えるも、1位に上り詰めたのは今週が初めて。9月27日熊本から始まった、アルバム収録作品でもあるグリーグをメインプログラムとした日本ツアーの影響が見られる。10月9日のツアー最終日まで勢いは続くだろう。

 3位にはチョン・キョンファの新譜『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』がチャートイン。2005年秋に怪我のため演奏活動を中止したチョン・キョンファの、15年ぶりのスタジオ録音となり、注目を集めている。

 4位はデビュー30周年を迎える仲道郁代の2015年の新録音『永遠のショパン』がチャートイン。9月に引き続き、10月1日から始まった仙台クラシックフェスティバル2016など、精力的な演奏活動に加え、アニヴァーサリー・シーズンを通して主要レパートリーにフォーカスした録音リリースが予定されており、今後もチャートインが期待される。

 他、7月に亡くなった中村紘子のアルバムが、先週に引き続き今週も12位と19位に2枚同時のチャートインとなり、追悼チャートがまだまだ続く予感を感じさせた。text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『ワンダーランド』アリス=紗良・オット
2位『0歳からの育脳クラシック』
3位『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全6曲)』チョン・キョンファ
4位『永遠のショパン』仲道郁代
5位『MUSE~12 Precious Harmony~』高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
6位『THE BEST』辻井伸行
7位『華麗なるコロラトゥーラ』田中彩子
8位『武満徹=ギター作品集成 1961~1995』鈴木大介
9位『ショスタコーヴィチ:交響曲第12番「1917年」&第15番』エリアフ・インバル,東京都交響楽団
10位『f エフ』サラ・オレイン

関連記事リンク(外部サイト)

木嶋真優、第1回上海アイザック・スターン国際バイオリンコンクール優勝で得たものとは
英国ロイヤル・オペラ・ハウスの迫力を映画館で、2016/17シーズン演目発表
ミラノ・スカラ座のアート・ドキュメンタリー映画が12月に公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP