ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Hi-STANDARD、16年ぶり新シングルを突如リリース&12月にはカバーシングルとショートツアー開催も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Hi-STANDARDが10月5日にニューシングル『ANOTHER STARTING LINE』をリリース。また、次作のシングルリリースとショートツアーの開催が決定した。

 事前にリリース情報の告知が一切されないまま、店着日となる10月4日に突如CDがショップ店頭に並んだことで大きな話題となった今回のニューシングル。彼らが新曲音源をリリースするのは、2000年リリースのシングル『Love Is A Battlefield』以来、実に16年ぶりのこと。2011年の再始動以降、定期的にスタジオに入り続けることで完成したのが、今作に収録されている新曲4曲となる。レコーディングには、『GROWING UP』や『ANGRY FIST』の制作にも携わったライアン・グリーンが参加。また、表題曲「ANOTHER STARTING LINE」ミュージックビデオのショートバージョンが公開となった。

 『ANOTHER STARTING LINE』は、10月26日まで主要CDショップ店頭のみで購入可能。WEB通販やダウンロード販売はリリースから3週間後に解禁となる。無告知での新作リリースやこういった店頭限定販売を決意した理由として、メンバーの横山健は90年代の7インチEP限定販売を思い浮かべながら「あの頃はネットもなかったし、みんな情報はお店に行って仕入れて、そこから口コミで広まっていった。今は時代が違うから通用しないというのもわかるんですけど、これだけ便利になった世の中でどこまで面白みとして発揮できるのかなというのが狙い。僕たちの遊び心としか言えないですね」とコメント。また、難波章浩は「音って物質として手に取ることはできないじゃないですか。特に今回の作品は手に取ってもらいたいという思いが強いから、こういうやり方になったのかな」と話している。

 なお、Hi-STANDARDは、12月7日にカバー曲で構成された最新シングル『Vintage & New, Gift Shits』をリリースすることも決定。さらに、12月3日からは東北と新潟を回るショートツアー【GOOD JOB! RYAN TOUR 2016】もスタートする。再始動後初となるこのツアーは、彼らの悲願であった“東北ライブハウス大作戦”を通じて完成したライブハウスを回るといったもの。

◎「ANOTHER STARTING LINE」Music Video(short ver.)
https://youtu.be/JSOLCvEPCEU

◎リリース情報
New Single『ANOTHER STARTING LINE』
2016/10/5 Release
PZCA-79 / 1,200円(tax out)
<収録曲>
01. TOUCH YOU
02. ANOTHER STARTING LINE
03. NOTHING TO LOSE
04. RAIN FOREVER

◎リリース情報
New Single『Vintage & New, Gift Shits』
2016/12/7 Release
PZCA-80 / 1,200円(tax out)
<収録曲>
01. I Get Around
02. You Can’t Hurry Love
03. Money Changes Everything
04. Happy Xmas (War Is Over)
※TRACK3・TRACK4は過去発売した7inch Vinyl Recordの再録

◎ツアー情報
【GOOD JOB! RYAN TOUR 2016】
12/3 (SAT) 宮古KLUB COUNTER ACTION
12/5 (MON) 石巻BLUE RESISTANCE
12/6 (TUE) 仙台PIT
12/8 (THU) 新潟LOTS
チケット:3,500円(ドリンク代別途500円)
PITPRESS会員先行:10月5日(水)12:00~10月17日(月)12:00(抽選)
一般受付:11月1日(火)12:00~11月7日(月)12:00(抽選)

関連記事リンク(外部サイト)

Hi-STANDARD主宰【AIR JAM】 初の西日本・福岡で4年ぶりの開催決定!
日高央(ex.BEAT CRUSADERS)率いるTHE STARBEMS 新AL収録曲「Hoidin’On」人気モデルも出演のMV公開
フレデリック 新ALの全貌が明らかに。グラフィカルな全曲トレーラー映像を公開!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP