ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

androp、全編生演奏の「Sunny day」MVが完成!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

andropが、新曲「Sunny day」のMVを公開した。

今回のMVは、andropの初期映像作品から関わる高橋健人(ダダビ)がディレクションを担当。

アルバム『blue』のジャケットに使用されている印象的な“red”を基調に、『blue』の音源制作時にこだわった初期衝動と熱量を表現すべく、全編生演奏での撮影を行なったMVとなっている。

高橋健人と内澤崇仁(Vo&G)からコメントが到着しているので、ぜひ併せてチェックしてみてほしい。

■『blue』特設サイト

http://www.androp.jp/blue/

■「Sunny day」先行配信

・iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/sunny-day-single/id1155739384

・レコチョク

http://recochoku.jp/song/S1003615072/

「Sunny day」MV
https://www.youtube.com/watch?v=h91x8xPJSyk

【コメント】
■Dir.高橋健人(ダダビ)

「Sunny day」のMVを作るにあたり、ボーカルの内澤さんとじっくり話し合い、その中で繰り返し出てきたワードが「生々しさ」「熱量」でした。

このワードに対して奇をてらわずにストレートに表現したいと思い、通常のMV撮影で行なうようにCD音源を流しパフォーマンスを演技していくのではなく、現場での生パフォーマンス、生の音にこだわったライブ形式のMVにしました。

空調の無い蒸し暑い倉庫にライブセットを組み、実際のライブさながらの緊張感と轟音の中、十数テイクをノンストップ汗だくで撮影していきました。

CD音源では体験しきれない、今現在のリアルなandropの「音」そして「生々しさ」「熱量」を感じられるMVになったと思います。

■内澤崇仁(Vo&G)

遠く離れた場所での出来事も、身近に起きた出来事も、あなたと無関係ではないと思う。

様々なメディアが取り上げたものを鵜呑みにしても良いのか、あなたが見聞きしたものが全てか。

あなたが本当に大切なことは、自分自身にとって本当に必要な存在とは何ですか?

今、この時代を生きているからこそ産まれ、歌える曲です。

アルバム『blue』
2016年10月12日発売

【通常盤】(CDのみ)

ZXRC-2005/¥1,852+税

【androp 会員サイト限定盤】(CD+特殊パッケージ仕様)

ZXRC-2006/¥4,167+税

<収録曲>

01. Kaonashi

02. Irony

03. Digi Piece

04. Sunny day

05. Kienai

06. Lost






カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP