ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

10/10付ビルボードジャパンチャートおよび9/26〜10/2 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
10/10付ビルボードジャパンチャートおよび9/26〜10/2 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による10月10日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年9月26日〜10月2日)および2016年9月26日〜10月2日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

iKON「DUMB & DUMBER」114,653枚売り上げ、初登場でJAPAN HOT100総合首位

韓国の7人組ボーイズグループiKONの初めての日本オリジナル・ソング「DUMB & DUMBER」が114,653枚を売り上げ、RADWIMPS「前前前世」からJAPAN HOT100総合首位を奪取した。

RADWIMPSは依然として「前前前世」「なんでもないや」「スパークル」「夢灯籠」の4曲がトップ100位以内にチャートイン。「前前前世」はダウンロード・セールス、動画再生で1位となっており、動画再生回数は500万回超をキープして衰えを見せない。また「なんでもないや」は、映画『君の名は。』ヒロイン上白石萌音のデビュー・アルバム「chouchou」にも提供され、RADと上白石ともに順位を上げている。

今週チャートの台風の目となった宇多田ヒカルは、「道」「二時間だけのバカンス feat.椎名林檎」「花束を君に」の3曲がJAPAN HOT100にチャート・イン。「道」は3週連続でラジオ1位、ダウンロード・セールスでも5位とアルバム『Fantome』だけではなく、曲単位でも注目を集めている。その影響で、「First Love」「Flavor Of Life」など旧タイトルもダウンロード・セールスを伸ばす展開となっている。

また総合19位にPSY「江南スタイル」がチャート・イン。なんと動画再生回数で4,124,228回をマークしての躍進で、これは、世界中で注目を集めるピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」の動画から、続いて「江南スタイル」が再生されることが多いための結果といえる。

連続首位のRADWIMPSがアニメチャートTOP3を独占 BUMP『3月のライオン』新曲も初登場

RADWIMPS×『君の名は。』が絶好調だ。先日映画の興行収入130億円突破、1000万集客の突破が伝えられ、特大のヒットとなっている『君の名は。』。その主題歌「前前前世」が今週も15週目のチャートインでがアニメチャート首位を記録した。さらに同じくRADWIMPSの「なんでもないや」「スパークル」という2曲の主題歌も2位と3位を記録し、RADWIMPS×『君の名は。』の曲が上位3曲を独占した。また、「夢灯籠」も7位を記録。そのいずれもデジタル・セールス/Twitterの圧倒的な高ポイントを背景にしている。映画のヒットも含め、勢いは留まることを知らず。年末までこのまま上位を独走しそうな勢いだ。

『君の名は。』主題歌4曲に、『聲の形』主題歌のaiko「恋をしたのは」と上位7位中5曲が映画関連曲となった今週のアニメチャート。そんな中、初登場4位と6位に食い込んだのは、アイドル・プロデュース・ゲームの「あんさんぶるスターズ!」関連のユニットソング2曲。4位のUNDEAD「DESTRUCTION ROAD」が6位の2wink「ハートプリズム・シンメトリー」をCDセールス/ルックアップ/Twitterのポイントで僅かに上回り、注目の初週対決を制した。

また、今週10位には、NHK総合にて放送予定の注目作『3月のライオン』オープニング曲であるBUMP OF CHICKEN「アンサー」が初登場。まだリリース日も未定ながらラジオ・ポイントで2位を記録(1位は「前前前世」)。10月8日からはアニメ本編の放送も予定されており、今後RADWIMPSとの上位決戦が期待される。

TOP3停滞の洋楽チャート、初登場した5H&ザ・ウィークエンドの新曲に注目

ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」が、3週目の1位にとなった今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

米ビルボード・ソング・チャートでは今週7週目の首位をマークし、10週のベンチマークにも近づいてきたザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat.ホールジー」。ここ日本でも、依然とデジタル・セールス(洋楽勢1位)とTwitterポイント(洋楽勢1位)、加えて動画再生回数が好調だ。惜しくも2位のイジー・ビズ「ホワイト・タイガー」、3位のレディー・ガガ「パーフェクト・イリュージョン」は同順位に停滞する結果となった。

このまま記録を伸ばしたいザ・チェインスモーカーズに迫るのが、今週初登場した強者による2曲だ。6位のフィフス・ハーモニー「ザッツ・マイ・ガール」はエアプレイを中心にポイントを積み上げており、デジタル・セールスが加われば、さらなるランクアップが予想される。フィフス・ハーモニーは、今夏大ヒットとなった「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」で洋楽チャート2週連続イ1位を記録している。

そして10位のザ・ウィークエンド「スターボーイ feat.ダフト・パンク」は、その話題性に後押しされTwitterポイントとデジタル・セールスを順調に伸ばしており、来週は公開されたばかりのミュージック・ビデオのポイントの加算に期待がかかる。なお、ビデオにはフィーチャリングされているダフト・パンクも“カメオ出演”している。

今週最後の初登場曲は、クレイグ・デイヴィッドの「エイント・ギヴィング・アップ」。トロピカル・ハウス界が誇るDJ、シガラが手掛けた1曲で、本日日本リリースとなる約6年ぶりとなる最新アルバム『フォロイング・マイ・イントゥイション』からのリード・トラックとなっている。

text:yokano

2016年10月10日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1

DUMB & DUMBER
iKON
AVT
20160928
1
2
1
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
14
3
57
LOSER
米津玄師
SMR
20160928
3
4
7
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
6
5
10

宇多田ヒカル
VM
20160928
3
6
3
好きな人がいること
JY
SMR
20160831
11
7

どーだっていいの
カントリー・ガールズ
UFW
20160928
1
8
8
スパークル
RADWIMPS
EMI
20160824
7
9
9

星野源
V
20161005
3
10

My Boo
清水翔太
SMR
20161005
1
11

みれん心
氷川きよし
C
20160202
3
12

DESTRUCTION ROAD
UNDEAD

20160928
1
13
6
薔薇のように咲いて 桜のように散って
松田聖子
EMI
20160921
2
14
68
涙のない世界
AAA
AVT
20161005
4
15

なんでもないや
上白石萌音
PC
20161005
1
16

Ordinary Girls
Happiness
RZN
20161012
1
17
17
Hero
安室奈美恵
AVT
20160727
11
18
4
恋をしたのは
aiko
PC
20160921
5
19

江南スタイル
PSY

20120101
9
20

ハートプリズム・シンメトリー
2wink

20160928
1

2016年10月10日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
1
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
15
映画「君の名は。」主題歌
2
3
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
6
映画「君の名は。」主題歌
3
4
スパークル
RADWIMPS
EMI
20160824
7
映画「君の名は。」主題歌
4

DESTRUCTION ROAD
UNDEAD

20160928
1
(声優)
5
2
恋をしたのは
aiko
PC
20160921
4
映画「聲の形」主題歌
6

ハートプリズム・シンメトリー
2wink

20160928
1
(声優)
7
5
夢灯籠
RADWIMPS
EMI
20160824
6
映画「君の名は。」主題歌
8

ふるさとジャポン
LinQ
AVT
20160928
1
TX系「妖怪ウォッチ」エンディング
9
9
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
109
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
10

アンサー
BUMP OF CHICKEN
TF
 
1
NHK総合「3月のライオン」オープニング
11
8
夢で夜空を照らしたい
高海千歌(伊波杏樹),桜内梨子(逢田梨香子),渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),黒澤ルビィ(降幡愛)
LA
20160914
3
MXTV他「ラブライブ!サンシャイン!!」より
12

Absolute 5
ワルキューレ
V
20160928
1
MXTV他「マクロスΔ」より
13
11
友よ~この先もずっと…
ケツメイシ
AVT
20160420
26
映画「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」主題歌
14
10
clever
ClariS × GARNiDELiA
SMER
20160914
3
MXTV他「クオリディア・コード」エンディング
15

絶対零度θノヴァティック
ワルキューレ
V
20160810
7
MXTV他「マクロスΔ」オープニング
16

シュガーソングとビターステップ
UNISON SQUARE GARDEN
TF
20150520
59
MXTV他「血界戦線」エンディング
17

夢・もしもしもしも?
シャロ(内田真礼)
GN
20160928
1
MXTV他「ご注文はうさぎですか??」より
18
12
トライ・エヴリシング
Dream Ami
RZN
20160420
18
映画「ズートピア」主題歌
19

GRAVITIC-LOVE
Six Gravity

20160826
2
MXTV他「ツキウタ。 THE ANIMATION」オープニング
20
6
桜流し
宇多田ヒカル
VM
20160928
12
映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」主題歌

2016年10月10日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
7
2
2
ホワイト・タイガー
イジー・ビズ
SMJI
20160907
5
3
3
パーフェクト・イリュージョン
レディー・ガガ
UI
20160916
4
4

チェンジ・ザ・ワールド
エリック・クラプトン
WMJ
20150527
6
5
5
ザ・グレイテスト feat.ケンドリック・ラマー
シーア
SMJI
20160906
4
6

ザッツ・マイ・ガール
フィフス・ハーモニー
SMJI
20160527
1
7
4
コールド・ウォーター feat.ジャスティン・ビーバー & ムー
メジャー・レイザー
WMJ
20160722
10
8
7
マイ・ウェイ
カルヴィン・ハリス
SMJI
20160919
2
9
6
ハッピー
ファレル・ウィリアムス
SMJI
20140430
107
10

スターボーイ feat.ダフト・パンク
ウィークエンド
UI
 
1
11
18
スティル・フォーリング・フォー・ユー
エリー・ゴールディング
UI
20161021
3
12

シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
106
13

エイント・ギヴィング・アップ
クレイグ・デイヴィッド
SMJI
20161005
1
14
8
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
72
15

キャリー・オン
ノラ・ジョーンズ
UCJ
20161005
7
16
19
アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー
スティング
UI
20161111
4
17
20
シュガー
マルーン5
UI
20140903
73
18
9
サイド・トゥ・サイド feat.ニッキー・ミナージュ
アリアナ・グランデ
UI
20160520
4
19
14
レット・ミー・ラヴ・ユー feat.ジャスティン・ビーバー
DJスネイク
UI
20160812
8
20
17
キッズ
ワンリパブリック
SMJI
20160401
2

RADIO ON AIR DATA 9/26〜10/2 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1

宇多田 ヒカル
2

星野 源
3
ホワイト・タイガー
イジー・ビズ
4
LOSER
米津 玄師
5
前前前世
RADWIMPS

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。