体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Pixel / Pixel XLはUFS 2.0ストレージを採用

今朝発表された Google の新型スマートフォン「Pixel」「Pixel XL」は高速な UFS 2.0 ストレージを採用している模様です。Google ストアに内蔵ストレージの規格は明記されていませんが、Android Police によると UFS 2.0 規格に対応しているそうです。UFS ストレージはシリアルインタフェースと全二重でのデータ転送を採用しており、従来の eMMC フラッシュメモリよりも高速にデータを転送します。そのため、最近のハイエンドモデルでは UFS ストレージの採用が増えてきています。UFS ストレージと eMMC の性能差はこちらの記事で紹介したように、シーケンシャル / ランダムのリード・ライト性能において eMMC を大幅に上回っています。Pixel / Pixel XL は Snapdragon 821 や RAM では LPDDR4 を採用しているので、性能にはかなり期待できそうです。Source : Android Police

■関連記事
ソフトバンク、「DIGNO C 404KC」の不具合修正アップデートを開始
Google、Nexus向けの端末保証サービスを「Device Protection」をリニューアル
PGA、スマートフォンとステレオ機器をつなぐマイク搭載のAUXケーブル「PG-AUX08M01SV」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。