ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岩井俊二監督、東京国際映画祭内特集で『打ち上げ花火〜』ら5作品上映 「バケーションに近いような感覚で楽しみしかないです」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月25日(火)より開幕する第29回東京国際映画祭。現在の日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now 部門では、今一番海外に発信したい監督として岩井俊二監督が特集される。10月4日、岩井監督らが登壇する記者会見が行われた。

岩井俊二監督
日本の”今”、”美意識”、”文化”を伝えることを目的に昨年から設立されたJapan Now 部門において、監督特集として『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、『Love Letter』、『スワロウテイル』、『ヴァンパイア』、『リップヴァンウィンクルの花嫁』の5本が上映される岩井監督は、「呼んでいただきまして本当にありがとうございます。非常に光栄な機会ですし、5つの作品を上映してもらえるということで、非常に嬉しく思っております」と感謝の意を述べた。上映に対し「リラックスして映画ファン、評論家の方々と向かい合って、一緒に映画を楽しむような機会です。劇場公開時には言い知れぬプレッシャーがあり楽しめないですから、バケーションに近いような感覚で、楽しみしかないです」と期待している様子を見せる。

『Love Letter』©フジテレビジョン
日本のみならず、アジア諸外国でも大変な人気を博す岩井作品だが、「自分でもこうなると全く思っていなかった」とのこと。「僕自身はそんなに意識していないのですが、気が付くと、架け橋的な立場に置かれることが多くて。荷は重いのですが、そういう運命のもとに生まれたのかと感銘を受けています。映画を作って観せるということしかできないのですが、自分なりにやれることを頑張ろうと思っています」と思いを語った。

さらに、アニメ映画『花とアリス殺人事件』(15)なども手がけてきたが、アニメーション監督についての活動について尋ねられると、「”岩井流”のやり方でアニメーションを作っているのですが、今もそういうチームがあって、ちょうど今ミュージッククリップをアニメーションで制作中です。実写と全く勝手が違っています。絵も描くものですから、絵描きの楽しみがあります。実はものすごいやりがいがあるんですよね。実写もやりながらアニメもやりたいなと思っています」と意欲を見せていた。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』© RVWフィルムパートナーズ
そんな岩井監督の選出理由についてJapan Now部門プログラミングアドバイザーとして作品の選定に携わった安藤紘平氏は「『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観た瞬間に、僕は”日本人として生まれて本当に誇らしい”と思ったのです。岩井さんはいつも、独特の美意識の中で、寓話的に今の若い人の行動や思いを語っていく稀有な監督ですが、さらにその力が発展して素晴らしい作品を作り上げたな、と思いました」と明かした。

第29回東京国際映画祭は10月25日(火)〜11月3日(木・祝)、EX シアター六本木、TOHO シネマズ六本木ヒルズ、歌舞伎座、109 シネマズ二子玉川 他にて開催

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』予告編

■第29回東京国際映画祭 公式サイト
2016.tiff-jp.net

関連記事リンク(外部サイト)

女性ティンパニ奏者のスゴすぎる演奏法が話題に 「思った以上にマジw」「流行りそう」
新大食い王・MAX鈴木がメチャクチャ強すぎると話題に 史上初の新人で完全優勝、ジャイアント白田も認めた!
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは
「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP