ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大好きなのが大嫌い」この季節に聴きたい、ピアノの旋律が美しいグナッシュによるメロウ・チューン(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 L.A.出身の23歳、R&Bやヒップホップを音楽ル―ツとするシンガーソングライター、グナッシュの「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー」が、自身初のチャートインを果たし、最新の米ビルボード・ソング・チャートで、13位まで上昇するヒットに至っている。

 同曲は、今年2月に発売された、自身6曲目となるシングルで、アメリカでは24週という長い期間を経て、ジワジワとランクアップし、今週TOP20入りを果たした。ニュージーランド、オーストリアで9位、UK(英国チャート)では7位、ベルギーで3位、そしてオーストラリアでは、主要国で初となるNo.1獲得を果たしている。

 ピアノの旋律が美しいメロウチューンで、「大好きなのが大嫌い」と、すれ違う男女の感情を描いたラブソングが、世界中に共感を広げている。16歳の新人女性シンガー、オリビア・オブライエンと掛け合う、デュエット形式の構成もすばらしく、彼女の透明感あるボーカルが存分に活かされている。誰もいない、無人島のような美しい島で、お互いを探しあうミュージック・ビデオもこの楽曲にピッタリで、1億3000万回という驚異的な視聴回数を記録している。

 毎年、初秋あたりから、バラード曲やトーンを落としたナンバーが流行る傾向にあり、寒い季節を迎えるにあたり、この曲のセールスやアプレイ、視聴回数も、今後更に伸びることが予想される。2016年の冬曲大本命といってもいいだろう。グナッシュは、これまでに『u』(2015年)、『me』(2015年)、『us』(2016年)の3枚のEP盤をリリースしているが、未だフル・アルバムの発売はしていない。「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー」の大ヒットを受けて、年末あたりに発売が期待できそうだ。

Text:本家一成

◎リリース情報
「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー feat. オリビア・オブライエン」
グナッシュ
2016/2/17 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/940Qzr

関連記事リンク(外部サイト)

ノラ・ジョーンズ NHK総合『SONGS』スペシャルライブ&独占インタビュー放送
ワンリパブリック、映画『A.I.』にインスパイアされた新曲でピーター・ガブリエルとタッグ
ビヨンセの妹ソランジュが新曲2曲のミュージックビデオ公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP