ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ショーン・メンデスが2作連続No.1、67歳を迎えたボスのコンピは5位初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イケメン・シンガーソングライター、ショーン・メンデスの2ndアルバム『イルミネイト』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2015年4月にリリースしたデビュー・アルバム『ハンドリトゥン』に続く、2作連続の首位を獲得した、ショーン・メンデスの『イルミネイト』。本作からは、先行シングル「トリート・ユー・ベター」がTOP10入り(今週6位)するヒットを記録していて、本作の売り上げに繋げた。初動枚数は145,000枚、2位以下と10万枚の差をつけての、堂々のNo.1獲得となった。

 4位に初登場したのは、カントリー・シンガー、ルーク・ブライアンの『ファーム・ツアー』。本作は、EP盤としてリリースされた全5曲のミニ・ライブ・アルバムで、2014年の10月から開催された同タイトルのツアーから、「ヒアズ・トゥ・ザ・ファーマー」など人気のナンバーが収録されている。スタジオアルバム、コンピ盤など含め、ルーク・ブライアンはこれまでに9作のアルバムをTOP10入りさせている。

 5位には、ベテラン・ロックシンガー、ブルース・スプリングスティーンのコンピレーション・アルバム『チャプター&ヴァース』が初登場。本作は、自身のバースデーである9月23日(67歳)にリリースされた、彼の歴史を振り返る全18曲で構成されたアルバムで、これまでのキャリアにおいて、自身が重要なタイトルだと厳選したナンバーが収録されている。本作に続き、自伝本『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』が、9月27日に全世界で同時発売される。

 惜しくもTOP10入りは逃したが、12位に初登場したのは、クリスチャン系シンガー、デイビット・クラウダーの2年ぶりとなる2ndアルバム、『アメリカン・プロディカル』。ソロとしては、2014年の『ネオン・スティープル』に続く2作目だが、デイビッド・クラウダー・バンドとしてのアルバムを含めると、通算8作目のスタジオ・アルバムとなる。

 8月に来日公演を果たした、R&Bシンガーのマックスウェルの新作『ブラック“サマーズ”ナイト』が19位にリエントリーを果たした。iTunesやアマゾンなど、期間限定でセールを行うと、一気に上位へ返り咲くアルバムが、近年増えているが、本作の大幅なセールスアップも、同サイトのセールによるもだ。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、5日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『イルミネイト』ショーン・メンデス
2位『ヴューズ』ドレイク『ザ・ディヴァイン・フェミニン』マック・ミラー
3位『スーサイド・スクワッド』サウンドトラック
4位『ファーム・ツアー』ルーク・ブライアン
5位『チャプター&ヴァース』ブルース・スプリングスティーン
6位『バーズ・イン・ザ・トラップ・シング・マックナイト』トラヴィス・スコット
7位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ
8位『ゼイ・ドント・ノウ』ジェイソン・アルディーン
9位『アンチ』リアーナ
10位『デンジャラス・ウーマン』アリアナ・グランデ

関連記事リンク(外部サイト)

10月8日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
10月8日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズがソングチャート7週1位、ザ・ウィークエンド急上昇

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP