体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアル「ナウシカの飛行具」の軌跡をたどる~OpenSkyテストフライト報告会~

リアル「ナウシカの飛行具」の軌跡をたどる~OpenSkyテストフライト報告会~

2013年の記事でご紹介した、宮崎駿さんの作品『風の谷のナウシカ』に登場するメーヴェを実際に作って飛ばしちゃおうという、アーティスト八谷和彦さんのプロジェクト「OpenSky」。そのテストフライトの報告会が、東京で開催されました。

会場となったのは、2013年に展覧会「OpenSky3.0」を開催した3331 Arts Chiyoda。今回の報告会は、これまでテストフライトなどを手伝ってくれた人、クラウドファンディングで協力してくれた人、そして取材記事や書籍などでプロジェクトを取り上げてくれた人など、関係者を対象としたものでした。

【関連:「風の谷のナウシカ」のメーヴェ作ってみた ~OpenSky 3.0~】
会場の様子

会場の様子

■報告会だけど株主総会?

皆、何らかの形でプロジェクトに関わった人たちなので、会場は同窓会のような和やかな雰囲気。「OpenSky」は10年以上の長期にわたる為、久しぶりの再会で「お子さん大きくなりましたね」という会話も聞かれました。

報告会は、八谷さんの「それでは、株主総会を始めたいと思います」という言葉でスタート。クラウドファンディングの出資者も来場しており、出資者はある意味「株主」だから、という意味での発言です。

まずは、OpenSkyのこれまでを振り返ります。メーヴェのような飛行機があったらな……と夢見た時「ないものは作ればいいのでは?(アーティスト脳)」となったのが全ての始まり。
これが始まり

これが始まり

模型によるケーススタディ、ゴム索曳航の初級滑空機M-02を経て、いよいよジェットエンジンを搭載したM-02Jへ。 M-02Jはアートプロジェクトの「作品」ですが、人を乗せて空を飛ぶ為、カテゴリーとしては自作航空機(ホームビルト機)の一種となります。

M-02とM-02J

M-02とM-02J
M-02Jは自作航空機です

M-02Jは自作航空機です

■国産民間ジェット機としては2機目、自作航空機としては日本初という側面も

ところで、初級滑空機からジェットエンジンを搭載した動力機(飛行機)になると、様々な法的ハードルが待ち受けます。初級滑空機は航空機として登録できる一方、機体が人を乗せて飛行するのに耐えられるものか証明する「耐空証明」は必要ないのですが、動力機となると、ちゃんと人を乗せて空を飛べるだけの機体構造かどうか(これを「耐空性」と言います)を国土交通省が審査し、その証明を受ける必要があります。また、自由に飛んでいい訳ではなく、操縦者と飛ばす場所についての許可も国土交通省から受けなければなりません。

この手続きが大変なのです……特に機体の耐空性を審査する過程は、提出したデータをもとにひとつひとつ細かく見ていく為に、非常に時間がかかります。M-02Jの場合、審査用に書類を作成するのに2ヶ月、そして全ての許認可を得るまでに4ヶ月かかりました。トータルで半年ですが、もっと長くかかるケースもあります。
飛ぶまでの申請が大変

1 2 3 4 5次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy