ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キーホルダーサイズのモバイルバッテリー「smrtFOB」は充電をスマホにリマインド!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
smrtFOBスマホヘビーユーザーに不可欠なモバイルバッテリー。出先でスマホの電池残量ピンチ!という時に有効だ。

そのモバイルバッテリーも、充電していなければ意味がない。そこで登場したのが、モバイルバッテリーの充電を専用アプリでお知らせするキーホルダーサイズの「smrtFOB」。

バッテリー機能に加え、メモリー機能もあるというスグレモノだ。

smrtFOB2・バッテリーブースターも

smrtFOBのバッテリー容量は950mAh。通話時間にして5時間分を賄える。使うにはsmrtFOB内蔵のケーブルをスマホにつなぐだけだ。

また、さらに7時間分の通話を可能にするブースター(1200 mAh)を加えることも可能となっている。

・専用ドックでワイヤレス充電

便利なモバイルバッテリーだが、よくあるのが充電のし忘れ。いざという時、使えないというのでは困る。そこでsmrtFOBでは、専用アプリがユーザーが帰宅した時などに充電するよう促す。

また、smrtFOBの充電は、専用のドックに置くだけと簡単なのもユーザーフレンドリー。smrtFOBとスマホをつないだまま充電ドックに置くと、スマホとsmrtFOBが同時にワイヤレス充電されるのも便利だろう。

smrtFOB3・データのバックアップも

その他の機能としては、smrtFOBは32GBのメモリーも備えている。データ容量の大きいビデオなどを保存したり、スマホのデータのバックアップを取ったりするのに使える。

smrtFOBは、キーホルダーのように持ち歩くことを前提としていて、重さもわずか66グラム。

今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで59ドル(約6000円)の出資で入手できるので、スマホヘビーユーザーはチェックしてみてはいかが。出資期限は11月19日。

smrtFOB/Kickstarter
https://ksr-video.imgix.net/projects/2631722/video-705183-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。