ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初めて「アムステルダム」に行く人は、この8つをチェックリストに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受けることなく過ごすことができるでしょう。決してマリファナと飾り窓だけが、この街の個性ではないんです。 Elite Daily」のAngelina Zeppieriさんがまとめた「アムステルダムの楽しみ方」を紹介したいと思います。

01.
自転車に乗って
住民になりきってみる

アムステルダムは、自転車の街。だれもかれもが街中の移動手段に自転車を使っています。地元の人と同じように自転車を使って移動してみると、本当のアムステルダムを見ることができるはず。レンタルしてみましょう。

02.
デ・パイプ地区で
世界を食べ歩き

アムステルダムでおいしい食事にありつくなら「デ・パイプ地区」へ。美しく彩られた趣のあるレストランやカフェ、バーなどが多いことで有名です。アジアン料理からアフリカ料理まで、さまざまな国の食文化を楽しむことができるのも特徴的。

また、この地区は「アムステルダムの台所」とも呼ばれる、アルバートカイプ市場も開かれています。

03.
ハイネケンに
“なりに”いこう

アムステルダムには、ハイネケンの博物館「ハイネケン・エクスペリエンス」があります。入館料が安く、中の展示やサービスも最高に楽しめます。ハイネケンの歴史を学ぶことができたり、ビールができるまでの過程を知ることができます。また、自分がビールになった気分を体感できるアトラクションまであるとか。もちろん、ハイネケンを飲むことも可能。

04.
そうそう、アンネの日記も
アムステルダム

アムステルダムには多くのミュージアムがあります。国立博物館、ゴッホ美術館、エルミタージュ美術館、アムステルダム市立美術館などです。さらに第二次世界大戦中にアンネ・フランクが隠れ家として利用した家がミュージアムになっていて「アンネの日記」も保管されています。

05.
ローカルで人気の
カフェ・ルーチェでステーキ

インドネシア料理を出すレストランや、ステーキ、ピザ、中華まで、この街にはなんでもあります。でも、もしオランダ料理を楽しみたいなら「カフェ・ルーチェ」。

とても雰囲気のいいバーで、夜はいつも満席。生ビールとステーキが絶品です。

06.
水の都で
「花」を買う

チューリップで有名なオランダですが、アムステルダムには150年以上の歴史を持つ有名なシンゲル・フラワーマーケットがあります。ここではチューリップだけじゃなく、バラやヒヤシンス、アマリリスなど、たくさんの花や球根が売られています。見ているだけでも楽しい!

07.
世界遺産の運河で
クルーズを楽しむ

街中に張り巡らされている運河は、世界遺産にも登録。その美しさはイタリアにある水の都、ベネティアにも負けていません。運河を巡りながら街の歴史や観光地を案内してくれるサービスが人気です。

08.
世界一「長身」の
秘密とは?

オランダは世界一長身の国です。一説にはチーズをたくさん食べるから、というものも!?

「ライプナー・チーズテイスティング・ルーム」では、いろいろな種類のチーズを解説付きで試食することができ、もちろん一緒にワインも楽しめます。背は伸びないかもしれませんが、とりあえずはチーズで乾杯。Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

ハイネケンが、道案内する「ビール」を設置。手にとったユーザーが行きついた先は・・・
半自給自足できる「アーバンなエコビレッジ」が、アムステルダム近郊に建設開始!
通勤・通学時間をちょっぴりワクワクさせてくれる、電車内に登場した「ワニのステッカー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP