ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・トレック BEYOND』のジャスティン・リン監督、映画『Hot Wheels(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スター・トレック BEYOND』を監督したジャスティン・リンが、レジェンダリー・ピクチャーズの映画『Hot Wheels(原題)』の監督となる契約を結んだ。玩具メーカーであるマテルの自動車の玩具ラインをベースとする作品だ。

彼は、自身の製作会社であるパーフェクト・ストーム・エンターテインメントを通じて本作品の開発とプロデュースも行う。リン監督と同社は、この映画に共同出資する権利も持つ。

本記事の執筆時点では、プロットの詳細は明かされていない。まだ脚本家が決まっていないため、これがリン監督の直近のプロジェクトになるとは想定されない。

レジェンダリーのアレックス・ガルシアが映画を監修し、米ユニバーサル・ピクチャーズが配給を行う。

『Hot Wheels』は、世界最大の玩具ブランドの1つであり、世界で最も売れている玩具だとマテルも認めている。1968年以来、50億台以上の小さな車が生産された。マテルによると、同社は毎週900万台の車を生産し、毎秒10台売れているという。

CAAとシネティック・メディアを代理人とするリンは、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を皮切りに、映画『ワイルド・スピード』シリーズのリブート版の製作に協力した。シリーズの中で彼が監督した最後の作品は、映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』である。成功したこれらの作品に続き、リンは世界中で3億3650万ドルの興行収入を記録した『スター・トレック BEYOND』のプロデューサーと監督を務めた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP