ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pontaは提携ポイントの交換が豊富で貯めやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Ponta」は2010年からサービス開始した共通ポイント。ローソンを皮切りに展開し、提携企業数86社、約14万店舗で使えるようになりました。リクルートポイントと提携したことで、より便利になっています。じつはPontaは、提携ポイントの交換が豊富で貯めやすい共通ポイントなのです。

Pontaにポイント交換で集約させる

「Ponta=ローソン」というイメージがありますが、意外と加盟店が多いのが特徴です。Tポイントと同じく、東京電力の新プラン契約の対象で、西部ガスとも提携しています。

「じゃらん」を含むリクルート系サービスで貯まるリクルートポイント、さらにはdポイントとも提携したので、これらをポイント交換でPontaに集約させることも可能。貯めやすいという点では、非常に優位性の高い共通ポイントです。

Pontaのポイントアップ術で忘れてならないのが「PontaPLAY」。Pontaポイントが貯まるコンテンツが盛りだくさんのポータルサイトです。お金を使わずポイントが得られて、かつちょっとした息抜きにもなります。

Pontaポイントをお試し引換券に交換

Pontaのポイントアップ術としては、ローソンで対象商品のボーナスポイントも狙い目。対象商品を買うと、通常ポイントに加えてボーナスポイントが貯まります。貯まったポイントは、人気商品を安く購入できる「お試し引換券」に交換するのも手です。

Pontaポイントを貯める鉄板のクレジットカードなら「JMBローソンPontaカードVisa」でしょう。発行元はクレディセゾンで、年会費は無料。ポイント有効期限は最終利用日より1年間です。

基本的にはカード利用でPontaポイントが貯まります。ローソンやローソンストア100だと、100円=2P+1か月のクレジット利用総額200円=1JALマイルの両方が付与されるので、JALマイラーにとってもお得なカードです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP