ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来年用にいかが?“切り絵の世界”が広がる手帳に思わずうっとり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ来年用の手帳が気になり出す頃。

人気切り絵作家の大橋忍さんが手がけた、うっとりと眺めていたくなるような手帳が登場しました♪

・自ら切り絵を楽しむことも

「美しい切り絵手帖 2017」(1620円)を開けば、そこは繊細かつ温かみにあふれた切り絵の世界。

月ごとにいろんな絵柄があしらわれたトビラページの次には「月間カレンダー」、続いて2週間分のスケジュールを見開きで確認できる「週間カレンダー」が展開され、使い勝手の良さも魅力です。

・書き込む字が丁寧になりそう!?

実際に切って楽しむこともできる切り絵の図案が収められているのもポイント。

手帳からページを切り取ることなく、手帳上で切り絵ができる仕様となっているんです。

そこかしこに切り絵の作品があしらわれた手帳は、バッグから取り出すたびに見とれてしまいそうな美しさ。

スケジュールを書き込む字が、思わずいつもより丁寧になりそう…!

10月18日(火)が発売予定で、現在書店やネット書店で予約受付中。

ステキな手帳を手元に置いて、新たな1年に備えてみてはいかがでしょうか?

エムディエヌコーポレーション
http://www.mdn.co.jp/di/

・グッズ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP