ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】発達障がい児の可能性を伸ばす!大反響のウェブサービス「Branch」誕生の秘密に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ADHD。別名、注意欠陥多動性障がいとも呼ばれ、不注意、多動性、衝動性の3つの要素が見られる障がいを指す。決して特殊な症例ではなく、アメリカでは若年層の10人に1人が診断されるなど、患者数は世界的に増加の傾向にある。

社会になじみにくいと思われがちなADHD障がい児たちだが、興味関心のある事柄には驚くべき集中力を示す傾向がある。その特性を伸ばすために生まれたのが、この「Branch(ブランチ)」だ。テッカブルでも先月紹介したので、憶えている読者も多いだろう。反響があまりにも大きかったため、今回改めて考案者に取材することになった。

インタビューに応じてくれたのは、WOODY(ウッディ)、代表取締役の中里 祐次(なかざと ゆうじ)氏。サービス開発の経緯から現況まで、さまざまな話を聞いた。

・個々に合わせた教育が国内には足りていない

Q1:ご子息がきっかけで考案された本サービス。現在の形になるまで、どのような経緯をたどったのか、教えていただけるでしょうか。

(息子が)2年前、小学校1年生のとき発達障がいと診断され、その際自分の1日を50円で売る東大生のブログを発見したことから始まります。それを機に、自分のあこがれだった東大レゴ部を訪問したのですが、そのとき息子が喜んでいるのを見て、このサービスを思いついたのです。

その後、Facebookで広告を出し、都内の親御さんにアポを取り、課題を抽出しました。先生は現在、15人ほど登録しており、全員私が直接会って審査しています。今はリアルに親御さんと先生がお会いする機会を作りつつ、サービス開発に努めているところです。

Q2:日本における発達障がい児を取り巻く環境について、どう思われますか?

今年の発達障がい支援法改正などに伴って、徐々に理解が広がっていると思います。教育の現場や親の間で、発達障がいに対する理解がほぼなかったことを考えれば、少しずつよくなっているのではないでしょうか。

個人的には発達障がいと診断されても、特にその子に問題があるとは思っておらず、他のお子さん同様、何か才能があるようであれば、そこを伸ばすような教育が増えていけばいいな、と思っています。どちらかといえば発達障がい教育よりも、個々に合わせた教育が国内全体に足りない、という認識です。

・良質な先生の協力が最重要課題

Q3:テスト段階におけるユーザーからの反響、具体的な意見について教えてください。

おおむね、ポジティブな意見です。「こういうのを待っていました!」と絶賛してもらえることが多いですね。(このサービスは)長く続けることが大事なので、現在は淡々と作業を続けています。

Q4:資金調達後の展開について、教えてください。

年内は先生集めとリアルテスト、サービス開発に注力します。来年も3月くらいまでは、ユーザーさんを20~30人程度に絞って、同じような形で行います。システム面ではまだ苦労という苦労は少ないですが、サービス全体の課題として、良質な先生に協力してもらうことに、最も時間を費やしています。

それ以降は、ビデオチャットなどを開発した方がよいのか、そのまま同じことを続けた方がいいのかなど、検討しながら進めていくつもりです。

一人ひとりが違って当たり前。実際、障がいの有無に関わらず、昨今はあちこちで個性に合わせた教育を求める声が上がっている。このサービスがその取っかかりになればと、思わずにいられない。(取材・文 乾 雅美)

Branch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP