体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭くても快適に[2] 身軽でいるために選んだコンパクトな住まい

狭くても快適に[2] 身軽でいるために選んだコンパクトな住まい

外資系企業で働くAkiさんは30代のワーキングマザー。50m2、1LDK(LD10畳、洋室6畳)のマンションに、30代の夫と4歳になる男児との3人暮らしです。家族の都合で幼少期をドイツで過ごしたAkiさんのライフスタイルは「シンプル」そのもの。そんな彼女に、小さな家で快適に暮らす秘訣をお聞きします。【連載】狭くても快適に

「家が狭い=理想の暮らしはできない」。そう考えるのが一般的かもしれません。けれどもここで紹介する人たちは、数多くの選択肢のなかから、あえてコンパクトな住まいを選択し、狭くても快適に暮らしています。家族3人+愛犬1匹の4人家族で59m2という狭小スペースに暮らすライフオーガナイザー、さいとうきいが、そのヒミツに迫ります!

視界と色でコントール! 狭い部屋を広く感じさせる3つのポイント

Akiさんのお住まいは50m2の1LDK。リビング・ダイニングは約10畳と聞いていたのですが、そこに足を踏み入れた瞬間に感じたのは……「広い!」

1番の理由は「借景」にありました。美しい植栽がよく見えるよう、カーテンではなく、天井ぎりぎりまで巻き上げられるシェードを採用。「借景」が部屋の一部のように見えるから、実際より部屋が広く感じられます。

第2の理由は、狭い空間でも視界が抜けるよう、目線より高い家具を置いていないこと。目線より下の限られたスペースを効率的に使うため、造作家具をオーダーしたそうです。【画像1】床に近い家具類は、濃いブラウンとブラックで統一。4歳の息子さんが遊ぶスペースに敷いた「タイルカーペット」も、床の色に近い濃い色に。目線が少し高くなる椅子や照明の色は壁の色と同じホワイトをセレクト(写真撮影/片山貴博)

【画像1】床に近い家具類は、濃いブラウンとブラックで統一。4歳の息子さんが遊ぶスペースに敷いた「タイルカーペット」も、床の色に近い濃い色に。目線が少し高くなる椅子や照明の色は壁の色と同じホワイトをセレクト(写真撮影/片山貴博)

第3の理由は、床に近い位置に暗い色を、高い位置に明るい色をもってきていること。目の錯覚効果で天井が遠く見えるため、縦方向の広がりを感じられます。

コンパクトながら開放感のあるリビング・ダイニングには、狭くても快適に暮らせる収納の工夫もたくさん取り入れられていました。【画像2】カラフルなおもちゃは中身が透けて見えないボックスに収めれば、扉を開けっ放しにしていてもすっきり見えます。子どもが自分で出し入れできるよう、ボックスにはおもちゃの写真を貼り付けて(写真撮影/片山貴博)
1 2 3 4 5 6 7次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会