ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山崎拓氏「自民党のいいところは多様性だが今は単色」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 当意即妙とはいえない。自分の頭と言葉で答えようと、しばし押し黙る。その沈黙が山崎拓という政治家の重みを物語っていた。政界引退から4年、回顧録『YKK秘録』を今夏に上梓し、盟友・加藤紘一氏を失った今、この男は何を思うのか。ジャーナリストの青木理氏が地元・福岡を訪ねた。

 * * *
 憲法解釈の変更という搦め手を弄して集団的自衛権の行使に舵を切った安倍政権。これに猛批判が吹き出したのは記憶に新しいが、自民党で要職を務めた重鎮政治家も次々と懐疑の声をあげ、注目を集めた。

 古賀誠。亀井静香。武村正義。村上正邦。藤井裕久。ある者は会見を開き、ある者は雑誌に寄稿し、ある者は共産党機関紙「しんぶん赤旗」のインタビューにまで登場し、現政権の暴走に警鐘を鳴らした。

 一方、本来なら真っ先に声をあげたはずの男は沈黙した。加藤紘一。自民党でも生粋のハト派として知られた加藤なら、政権批判のトーンも一際強いものになったに違いない。

 だが、加藤は声をあげられなかった。長きに及ぶ闘病生活の末、ついに9月9日、永眠。享年77。葬儀では、小泉純一郎とともにYKKと称される盟友関係を築いた山崎拓が弔辞を読み、「最高最強のリベラルが去った」と加藤の死を惜しんだ。

 その山崎も最近、政権の有り様に懐疑的だという。しかし、はて、と首をひねる。タカ派として鳴らした山崎は、9条を含む改憲を訴えていたのではなかったか。なのに何を懸念し、何を案じているのか。

「自民党のいいところは多様性だった。その党内で政権交代をやっていく構造になっていたわけです。だけど、今は単色。というより、無色透明、個性がない。個性と個性がぶつかり合う政治のダイナミズムがない」

 開口一番、山崎はそう嘆いた。考えてみれば、YKKは確かに多様だった。タカの山崎、ハトの加藤、変わり者の小泉。山崎が苦笑まじりに振り返る。

「小泉は不思議な男でね。総理になるまで外国に行ったことがない。議員は大型連休に外遊するのに、彼は外国に関心がなかったんだ」

──その小泉氏が首相になり、日朝首脳会談などを成し遂げたのだから、政治的な勘はピカイチなんでしょう。

「ローマ皇帝が『人心を掌握するにはパンとサーカスを与えよ』と言ったらしいね。小泉がよく僕に話してたよ。パンは経済・生活。サーカスは人を驚かせるような政治。彼の電撃訪朝もそう。僕は加藤をして『最高最強のリベラリスト』と言ったけれど、小泉は『最高最強のポピュリスト』ですよ」

 そんな小泉、加藤、山崎には、初当選同期という共通点はあった。だが、政治信条的には異色な3者が「経世会支配の打倒」を結節点に共闘し、永田町に名を轟かせた。

「経験なき知識は知識なき経験に劣る、という言葉があるでしょう。学歴が高くても、それは単なる学校知識であって、自分の経験から出てきた知ではない」

 確かにその通りである。だが、それとYKKがどう結びつくのか。

「いまの自民党には、保守だリベラルだというような知識、つまりは本当の思想・信条のぶつかり合いがない。ぶつかり合わなければ洗練されないから、洗練された野性味がいまの政治家にない。誰かいるか、あなたに聴きたいくらいですよ」

 異物同士のぶつかり合いの欠如。だから生じる無色透明、無個性、一強に従う羊のごとき政治家の群れ。日本政界が急速に堕してしまったのはなぜか。山崎が挙げたのは、私も予想した3つのエレメントだった。

 まずは選挙制度。中選挙区制を廃し、比例代表並立の小選挙区制を導入したことにより、党執行部の力は飛躍的に高まった。山崎も言う。

「小選挙区制にしたら派閥がなくなり、信条のぶつかり合いがなくなる。だから我々(YKK)は反対した。実際、小選挙区制になって以降、個人の力ではなく、政党の力で当選する時代になり、リーダーの力が強くなって総無力化してしまった」

 山崎が次に挙げたのが世襲の弊害。

「いわゆる2世、3世の時代になって、我々のような、俗に言う“党人派”がいなくなった。(世襲議員は)選挙の苦労もないし、逆境というものを経験していない」

──確かに、山崎さんのような叩き上げはめっきり減りました。いまは安倍首相も麻生副総理も3世、究極の世襲政治家です。

「しかも岸信介の孫、吉田茂の孫っていうのを売り物にしている。麻生なんて、選挙の出陣式の演説で『シモジモのみなさん、私が吉田茂の孫であります』って言ったらしいから」

 そう言って大笑いした山崎が挙げた3つ目の政治劣化の要因それが「戦争経験世代の減少」であった。

【ジイさんは右翼、オヤジは左翼】

 山崎は1936(昭和11)年、現在の中国・大連市に生まれた。父・進が満鉄(南満州鉄道)調査部員だったからである。その後、山崎は父に連れられて上海に移り、終戦前には日本へ戻った。その父・進は、山崎が小学1年の時、こう断言していたという。

「この戦争は負ける。大変な時代になるから意思を強く持て」

 山崎が振り返る。

「僕のジイさん(祖父・和三郎)は頭山満の玄洋社で武道場の最高師範だった。ところがオヤジ(進)は東大卒のマルキスト。ジイさんは右翼、オヤジは左翼だった。だから僕の中にはいろんなものがチャンポンで入っておる」

 マルキストの父が喝破した通り、日本は無残な敗戦を迎えた。山崎は小学3年。戦時中は焼夷弾が家の天井を突き抜けて落ちてきたこともあった。福岡も空襲にさらされた。

「焼夷弾は不発だったけど、爆発しとったら僕は死んどった。空襲の時は山の上の防空壕に逃げてね。いまは繁華街になっている中洲も丸焼けで、焼死体がゴロゴロと転がっていた。生々しく覚えてます」

──戦争体験はやはり強烈だと。

「あんなバカなことをするもんじゃない。沖縄にいたわけじゃないし、広島にいたわけじゃないけど、戦争の悲惨さはわかる。たった1回きりの人の人生を奪いあうようなことは意味がない。しかも国家暴力で奪うなんて絶対によくない。それが骨身に沁みているんです。憲法9条の話は別ですが」

──というと?

「僕は、専守防衛の自衛隊をきちんと憲法上に認知することが大事だという考え方できましたから」

──しかし、安倍政権は戦争をしたがってるように見えます。

「そこまでは愚かじゃないと思うけれど、戦争体験は決定的だよ。僕の魂には『不戦』がDNAみたいに浸透しとる。戦争体験者の中には、絶対にあんなことをしちゃいかんというのと、もう一遍やろうというヤツもいるがね」

──例えば誰ですか。

「絶対にやっちゃいかんという代表は後藤田(正晴)さん。もう一遍やりたいという人は……まあ念頭には浮かぶけれど、言わんでおきましょう。まだ生きとるから(笑)」

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
フジ・生野陽子「そのうち仕事より結婚選ぶ」の噂で持ちきり
山崎拓氏「『乱』さえなければ加藤紘一さんは総理になれた」
引退の山崎拓氏 女性醜聞なければ総理の可能性あったとの評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP