ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、音声アシスタント対応のスマートホームデバイス「Google Home」の発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 10 月 4 日、米国で行われた製品発表イベントで、Google Assistant による音声アシスタント機能を搭載したスマートホームデバイス「Google Home」を正式に発表しました。Google Home は独特なシリンダー形状の筐体に、スピーカー、マイク、Wi-Fi、Bluetooth、イルミネーションライト、タッチ式の操作パネルを内蔵したデバイスです。メインはマシンラーニングと人工知能(AI)を活用した Google Assista によるアシスタント機能を利用して、「OK, Google」の音声コマンドを使って音楽を再生したり、Google から情報を取得したり、カレンダーの予定やメールを読み上げさせたり、Nest サーモスタットや Philips Hue などの IoT デバイスを操作することができます。例えば、「OK, Google ○○ の曲を再生して」と指示すれば、YouTube Music や Spotify、Pandora などの対応サービスの楽曲を再生できます。また、Chromecast 対応の音楽アプリの場合にはスマートフォンから Google Home に音楽をストリーミングすることもできます。また、「OK Google、サーモスタットを 20 度に設定して」と指示すれば、Nest のサーモスタットに「OK Google、サーモスタットを 20 度に設定して」と指示すればエアコンの温度を変更できたり、「OK, Google リビングを明るくして」と言えば、Philips Hue を調光できます。Google Home 本体の下部はカバーとなっており、別売のカバーに付け替えることで外観を変更できます。この部分にはハイ エクスカーションスピーカーとデュアルのパッシブラジエーターが搭載されているので音質はそこそこ良いと見られます。本体の上部にはイルミネーションとタッチ式の操作パネルとなっており、上部をなぞるだけで音量を調節することができます。Google Home の価格は $129 で、購入者には 6 ヶ月間の YouTube Red 無料クーポンが特典として提供されます。現在は Google ストアで予約受付中。発売は 11 月です。Source : Google ストア

■関連記事
米国のGoogleストアではGoogle Pixel / Pixel XLの24回分割払いが可能
Google、グルーピングに対応した家庭用Wi-Fiルーター「Google WiFi」を発表、12月に発売
Google、Daydream対応のVRヘッドセット「Daydream View」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。