体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JR東海「リニア・鉄道館」で新幹線を体感!2016秋のイベントは必見!【愛知】

300Xガイド

世界に誇る日本独自の先端技術、超電導リニア。

そんな超電導リニアと東海道新幹線や在来線の鉄道の情報を一堂に展示したミュージアムが名古屋にあるって知っていました?

場所は名古屋駅からあおなみ線で約24分。その名も「リニア・鉄道館」。

2011年に港区金城ふ頭に誕生したこの施設は、車両の展示、鉄道の歴史展示、体験施設があるとあって、多くの人が訪れる観光スポットです。

この秋、様々な体験イベントを実施すると聞き、さっそく調査!

運転体験や乗務員の仕事紹介、グルメにお土産と、鉄道に関する多彩なイベントが行われるようです。

今しかできないこの体験。鉄道好きもそうでない人も一度出かけてみてはいかがですか?

1.新幹線試験電車(300X)ガイド

日本の鉄道の性能向上にこだわった技術開発を感じて。

300Xガイド

通称300Xと呼ばれる955形新幹線試験電車は、1996年に電車方式による当時の世界最高速度443km/hを記録した試験車両です。

今回のイベントでは、普段は公開していない300Xの車内で、技術開発の概要や成果をスタッフが解説してくれます。

車内では443km/hを記録した時の運転台の様子を再現するとあって、日本の鉄道の技術力を感じられますよ。

【開催日時】10月5日(水)~11月7日(月)の毎日 ※休館日除く

【参加方法】館内にて受付、先着順、各回15名程度

【所要時間】約30分

2.収蔵車両(オロネ10、オハ35)の特別公開

初公開の車内も!

収蔵車両(オロネ10) 収蔵車両(オハ35)

普段は中に入ることができない収蔵車両エリアの特別公開を実施。

イベントに参加することで1等寝台車の「オロネ10」、3等客車「オハ35」の車内をこの時期だけ見ることができます。

さらに、車内の見どころをスタッフが丁寧に解説。

「オロネ10」の車内はリニア・鉄道館初公開というから見逃せません。

【開催日時】11月12日(土)~12月4日(日)の土休日/12時30分~、15時30分~

【参加方法】館内にて受付、先着順、各回30名程度

【所要時間】約30分

3.みどころガイド

スタッフが館内展示物の見どころを分かりやすく紹介してくれる!

見どころガイド

広くて展示物の多いリニア・鉄道館。

何から見ればいい?いま注目されている展示は?この展示はなんなんだろう?

そんな疑問を解決してくれるのがこのみどころガイド。

展示車両や鉄道ジオラマなど、館内展示物のみどころを、展示物を知り尽くしたスタッフが丁寧に分かりやすく解説。

解説を聞いてから見るとさらに理解、興味が深まりますよ。

【開催日時】10月1日(土)~12月5日(月)の毎日 ※休館日除く/14時30分~

【参加方法】館内にて受付、先着順、各回15名程度

【所要時間】約30分

4.乗務員のお仕事紹介

乗務員さんってこんなにたくさんの仕事があるんです!

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。