ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異色のバカゲー『シリアスサム』VR版は10月18日配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Croteam VR が開発するFPSシリーズ、「シリアスサム」の最新作はVRタイトルです。この『Serious Sam VR: The Last Hope』が、日本時間で10月18日から、Steamにて早期アクセスコンテンツとして配信開始されることが公式に発表されました。価格は39.99ドル(約4,000円)です。(Steamのページはこちら

Steam上では対応ヘッドセットは「HTC Vive」のみの表記になっていますが、これまでにOculus Rift、そして年内発売とされているOculusのハンドコントローラー「Oculus Touch」にも対応することが明らかになっています。

なお、Oculus公式ストアにも既に『Serious Sam VR: The Last Hope』アイコンは登場しており、Oculus Touchの発売とともにダウンロードページが解禁されるものと思われます。ただし、Oculusストアでの配信開始日は現在明らかにされていません。

『Serious Sam VR: The Last Hope』とは

www.youtube.com/watch?v=2F_CZosKxig

『Serious Sam VR: The Last Hope』は、地球を侵略するエイリアンと戦いを繰り広げるFPSです。

もともと「シリアスサム」シリーズは、サム・シリアス・ストーンという男の主人公が人類のために膨大な敵を倒しまくるゲームとして、非VRゲームの時代から日本でも人気を博してきました。

叫びながら突進していくる敵や、途方もない数の敵が四方八方から襲ってくるなど、通常のFPSよりもギャグテイストが強めで、爽快な戦闘体験ができる作品となっています。

(参考)
Serious Sam VR: The Last Hope to be released on Oct 17th – Croteam公式サイト(英語)
www.croteam.com/serious-sam-vr-last-hope-released-oct-17th/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP