体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーロッパで重宝する「ユーレイルパス」の基本情報まとめ

生活・趣味
ヨーロッパで重宝する「ユーレイルパス」の基本情報まとめ

今回はヨーロッパの鉄道を自由に旅することができる「ユーレイルパス」を紹介します。一言で「ユーレイルパス」と言っても、種類があります。また、通常の切符と異なるルールもたくさん。

この記事を読んで「ユーレイルパス」の基本的な使い方をチェックしましょう。

 

ユーレイルセレクトパスとユーレイルグローバルパスの違い

P9263606-e1474898557816

Photo by 新田浩之

似たような名前で混乱するかもしれません。「ユーレイルパス」は「ユーレイルセレクトパス」と「ユーレイルグローバルパス」の大きく2つに分かれます。

「ユーレイルセレクトパス」は、隣接する2~4カ国を自由に鉄道で回れる切符。隣接する国々はヨーロッパ27カ国から選択できます。フランス、イタリア、スペイン、スイスといった具合に国を選べばいいのです。周遊する国々が限られている場合は「ユーレイルセレクトパス」が便利です。

PA030825-e1475542997928

photo by 新田浩之

「ユーレイルグローバルパス」は文字通り、ヨーロッパ28カ国を自由に旅することができます。ヨーロッパを鉄道で自由に周遊したい方は「ユーレイルグローバルパス」がオススメです。

さらに、「ユーレイルグローバルパス」では連続使用できるタイプと有効期限内に使用日を選ぶタイプ(例 有効期限1ヶ月で、使用できる日数は10日)「フレキシータイプ」があります。ちょっと、ややこしくなったので図にすると以下のようになります。
・ユーレイルパス
└ユーレイルセレクトパス
└ユーレイルグローバルパス

・ユーレイルグローバルパス
└連続タイプ
└フレキシータイプ

 

「ユーレイルパス」でも無料で乗れない列車がある?

131903419_6aa9264cd3_b

Photo by Gordon Joly

「ユーレイルパス」を持っていると、大半の列車は無料で乗ることができます。しかし、一部の列車では料金が必要。

例えば、フランスの高速列車「TGV」では「ユーレイルパス」専用の割引価格が適用されます。また、予約必須の列車では予約料金が必要です。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会