ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

生芋こんにゃくは美肌や骨にも効果アリ!医師推奨のレシピ5選

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

生芋こんにゃくは美肌や骨にも効果アリ!医師推奨のレシピ5選
ダイエット食品として有名なのが「こんにゃく」ですね。低カロリーながら栄養価が高いことで、昔から女性の味方でした。

しかし、生芋こんにゃくとよばれるこんにゃくが、ダイエット以外にもなんと美肌効果や、骨を丈夫にさせてくれるそうなのです。

そこで今回は「生芋こんにゃく」の効能にスポットライトを当て、医師に解説をしていただきました。

生芋こんにゃくとは

一般的に市販されているこんにゃくがコンニャクイモを精製して作ったコンニャク粉を使用して作られているのに対し、生芋こんにゃくはコンニャクイモそのものを使って作られたこんにゃくを言います。

生芋こんにゃくの栄養成分

グルコマンナン

有名な食物繊維で、ダイエットによく効く成分として有名ですね。食物繊維ですから、スムーズな便通を促してくれるのはもちろんのこと、脂質代謝異常症や糖尿病にも効果的な成分として知られています。

グルコシルセラミド

特に生芋こんにゃくに豊富な成分で、お肌の張りを保ってくれるのに役立つセラミドの生成にと役買ってくれることがわかっています。

ダイエットや便秘に低カロリーのこんにゃくというイメージは皆さんにあっても、お肌のハリにこんにゃく、というのは比較的耳新しいところではないでしょうか。

カルシウム

骨を丈夫にしてくれ、骨粗しょう症を防いだり、あるいは不足するとイライラしたり精神的に不安定になってしまうこともあるといわれるカルシウム。

牛乳や小魚に豊富ということは知っていても、これもこんにゃくでも取れるというのはありがたいですよね。

生芋こんにゃくにおける美肌効果

生芋こんにゃくの美肌効果は、グルコシルセラミドと呼ばれる、通常の精製したこんにゃく粉で作られたこんにゃくにはあまり含まれず、生芋こんにゃくに含まれることで有名な物質です。

このグルコシルセラミドが、お肌におけるセラミドを合成するのに役立つ酵素を増やしてくれるのに役立つということがわかっており、このことにより加齢などでセラミドが減少してしまった小じわができたり張りがなくなってしまった皮膚の状態を改善させる効果があると考えられています。

生芋こんにゃくのお勧めの食べ方ベスト5

1位:生芋こんにゃくスムージー

油分があり、細かくなった状況下で生芋こんにゃくの美肌効果が最も効果が発揮されるといわれているので、オリーブオイルやココナッツオイルなどを少量、あるいはアボカドを使ったスムージーなどはよいですね。

2位:こんにゃくのステーキ

油分も自然に摂れますし、ダイエットにも効果的なメニューですね。

3位:筑前煮

お肉も野菜もこんにゃくもとれ、栄養バランスの良いメニューですね。

4位:こんにゃくの炒め煮

炒め煮にすると、グルコシルセラミドの吸収率もアップします。

5位:こんにゃくの田楽

お味噌にごま油などを少し加えると香りもよくいいでしょう。

生芋こんにゃくを食べる際の注意点

生芋こんにゃくが体に良いといっても、あまりにもそればかり摂取するのは考え物です。適量を継続してとるのがよいでしょう。一日100g位が一つの目安となります。

生芋こんにゃくを食べることで得られる美肌以外での効果

便秘改善

グルコマンナンの作用ですね。

骨粗しょう症予防

カルシウムによるものです。

ダイエット

非常に健康的な低カロリー食材です。

医師からのアドバイス

食事の西洋化などから、口に入る機会が減ってきているようにも思うこんにゃく。この機会にぜひ、生芋こんにゃくを食卓に取り入れてみたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

細いのにあごがたるむ!?二重あごの原因を医学的に解明
豆乳ダイエットの効果は? 気になる成分や飲む量などをご紹介
目指すは横顔美人!自分でできるeラインのつくり方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。