ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌の天敵「お肌の曲がり角」は何歳から? その症状と対策は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美肌の大敵! 「お肌の曲がり角」って知ってる?

よく聞く「お肌の曲がり角」。
いったい何歳のことを言うのでしょう、そして、どういうことなんだろうと、疑問に思ったことはありませんか? 数十年前によくいわれていたのは25才、でも最近は35歳という説もあります。
そして1度だけではなく3回ぐらいはあるのだとか。女性だけではなく、男性にもあるといわれています。
わかっていることは、人間の老化は20歳ぐらいから始まっているということ。「曲がり角」には何が起こるのでしょうか。

 

お肌の曲がり角といわれるのは、どのタイミング?

お肌のキメの細かさや潤いが失われ、急激に衰えを感じる年齢が「お肌の曲がり角」と呼ばれています。
何歳という特定はなく、あくまでも目安で、それぞれの年代(20代・30代・40代)でそういう転換期(曲がり角)があるといわれています。
キメの細かさや潤いがなくなると同時に、お肌の衰えとして、くすみやたるみが出てくること、シミやシワが増えてくることなどがあります。

 

普段から意識をすれば、曲がり角はこわくない!

何も衰えを感じていなくても、よくいわれている25歳・35歳前後で「もうすぐ曲がり角がくるので」もしくは「曲がり角が過ぎたので」何か特別なことをしないといけないと思われる方も多くいらっしゃいます。
曲がり角といわれている年齢を過ぎても、特に急激な衰えが見えない方もたくさんいらっしゃいます。
その方たちに共通していることは、「曲がり角」を意識した特別なお手入れを心掛けているのではなく、20代前半の時からお肌にダメージを受けることを極力避け、日々ほんの少しでもお肌を大切にしてあげる時間を持ち、そして少しの変化を見逃さないことなのです。
例えば顔の中でもシワのいきやすい目元でしたら、小ジワが少し入っていると感じたら目元クリームなどで潤わせてあげたり、日焼けしたと感じたら、その日から数日はいつもより多めに保湿をしてあげたりします。
そうすることで急激に大ジワを感じることはなくなります。

 

My検証結果・必須ワザ! 内面からの輝きで、お肌も輝く

私は「お肌の曲がり角」という言葉を、気にしたことも感じたことも、正直ありません。
日々のお手入れを大切にし、毎日少しでも意識を向けて手を掛かけてあげるだけで、急激に衰えることはないと考えています。
老化は1日1日しているものなので見た目は変わっていくでしょうが、スピードが少しでもゆっくりであることを望んで意識して過ごしていると、「曲がり角」はないのです。
個人的に思うことは、心にハリのない日々を過ごしていた時は、お肌にもハリがなくなっているということです。
内面と外面はつながっていると本当に感じるので、内面を輝かせられるように日々を過ごしたいものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP