ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャネルを着たロボット。カールは未来を見ている #CHANEL

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月4日、パリ。

カール・ラガーフェルドによる「CHANEL(シャネル)」の2017年春夏のコレクションが公開されました。

L’appartpr Parisさん(@lappartpr)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:12午前 PDT

会場は、1900年のパリ万国博覧会のために建てられたグラン・パレ。雲ひとつない晴天のもと、カールのどんな世界が繰り広げられるのか、ワクワクが止まりません。

CHANELさん(@chanelofficial)が投稿した動画 – 2016 10月 4 12:46午前 PDT

シャネルのInstagramで公開されていた舞台は、コンピューターのサーバーセンターのよう。「デジタル」「未来」そんな言葉たちが頭に浮かびます。

See Karl Lagerfeld’s latest collection for @Chanel as it comes down the runway at #PFW: https://t.co/zCcu78ESwA pic.twitter.com/LuUkUASIgx
— Vogue Magazine (@voguemagazine) 2016年10月4日

そして、スタートしたコレクション。まず登場したのは、シャネルのツイードにロボットのマスクをかぶったモデル。ブーツも、まるでロボットの足!

Myself Germanyさん(@myselfgermany)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:14午前 PDT

グローブまでロボットのよう。

Mariaelena Morelliさん(@mariaelena_morelli)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:12午前 PDT

ケーブルだらけのサーバーを前に歩く、シャネルのツイードロボット。シャネルが未来へ動き出したと確信しました。

Ekaterina Mukhinaさん(@mukhins)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:15午前 PDT

ツイードロボットの目に映る未来、のぞいてみたい…。

Pascale Camartさん(@pascalecamart)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:12午前 PDT

ロボットの次に出てきたのは、カラフルなツイードを着たモデルたち。風になびくゆるいアウターや、キャップ型ハットが、カジュアル全盛のいまのファッション業界の象徴。

JEFFREY KALINSKYさん(@jeffreykalinsky)が投稿した動画 – 2016 10月 4 2:15午前 PDT

色のトーンは合わせて、上下で柄が異なるツイードでコーディネートしているのも今季の特徴。

CHANELさん(@chanelofficial)が投稿した写真 – 2016 10月 4 2:08午前 PDT

バックステージの雰囲気も、ツイードなのになぜかカジュアル感にあふれています。

リアルクローズに近づいたと感じさせてくれたたシャネルの2017年春夏コレクション。デジタルとカジュアルの融合するファッションは、これからますます進んでいくはず。

[CHANEL]

写真/gettyimages 文/ダーシー

■ あわせて読みたい

・ビヨンセがテック界に進出。セレブは世界を変えるためにお金を使う
・心が疲れてるかも。あなたのモヤモヤ度をチェック#深層心理
・自炊してない自虐感なんていらない。切って盛るだけのブッダボウル
・シャツの袖、ラフにまくろう。5秒でね
・渡辺直美ってすごい動けるんだなっていう。もう一度言いたくなった
・ビヨンセ。モノトーンでポジティブなサイクルを作り出す
・別れ、乗り越えられる? あなたの失恋立ち直り度 #深層心理

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP