ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリーホラーゲーム『Ib』 二次創作・実況などの公式ガイドライン改定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年10月1日、フリーホラーゲーム『Ib』に関する実況などの動画や、二次創作についての公式ガイドラインの改定が行われた。

Ib
フリーゲーム「Ib」のガイドライン

今回、改定が行われたのは、主に「金銭の関わる二次創作活動について」の項となっている。該当する部分の変更後内容については、下記のとおりとなっている。(2016年10月4日時点)

金銭の関わる二次創作活動について

OK
・同人誌、コスプレの写真集の販売(通販、委託販売もok)
・趣味の範囲内でのグッズ販売(通販もokですが個人制作したグッズに留めて下さい)

NG
・商業での販売
・同人誌やグッズに公式ロゴを使用する事
・公式グッズと誤解を受けるようなグッズの販売
・作中の「ドット絵」を使用した本、グッズの販売(ドット絵は再現が容易なため)
・作中の有料のBGMを使用、またはアレンジした音楽CDの販売 ※フリーのBGM素材については各著作者の規約に従ってください。
・賞金などの報酬が出るコンテスト等でIbを題材に使用すること
・飲食の提供及び食品物の販売(衛星管理等の徹底が難しく、重大な事故につながる可能性がある為)
・電子書籍での同人誌販売
・オンデマンド販売サービス(pixivFACTORYなど)を利用してのグッズ販売
・Ibの二次創作ゲームの販売
・公序良俗に反する物、過度な性的表現のあるグッズの販売
公式ページより引用)

 
『Ib』は、kouri氏が2012年に公開したホラーアドベンチャー。両親と美術館を訪れた少女イヴ(Ib)が、開催されていた展覧会「ゲルテナ展」に足を踏み入れると、美術館の様子が変わり、ゲルテナの絵画が展示されている不気味な美術館に誘われる、というストーリーの作品だ。

本作については原作ゲームの人気の高さもあり、二次創作・ファンアートについても非常に活気のあるものとなっている。今後、二次創作を行う方は、再度ガイドラインを確認することをおすすめしたい。

関連記事:

遊べるフリーゲームは全部で62作品!フリゲの投稿イベント「フリゲ展!2015春」が開催中。
今年のフリーゲームランキングは?「フリゲ2015」の結果がついに発表!
フリーゲームRPG『LiEat』。STEAMでの配信が決定!「嘘」を食べるドラゴンの少女の物語を描く短編連作

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。