ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3ヶ月の世界一周が75万〜!一緒に旅するメンバーを募集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界一周団体TABIPPOとピースボートがコラボした、新しい世界一周の船旅、TRAVELERS BOAT。きっと一度は憧れる、世界一周の船旅。一度に訪れることができる、世界中の絶景や文化…。

そして世界を旅するだけでなく、船の上では今後の人生を変えるキッカケとなるような、様々な出会いやプログラムをご用意しています。本来のピースボートの船旅に比べると破格の金額で乗船できるTRAVELERS BOATプログラム、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!?

 

TRAVELERS BOATのプログラムとは?

92回 ピースボートに乗船したTRAVELERS BOATメンバー

2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。今回は2016年の12月に出発する93回ピースボートと、2017年の4月に出発する94回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

プログラムの主な内容は以下の2つです。

①SNSでの情報発信やライターの経験を!

1つ目は船上の様子や寄港地でのツアー、体験を、TwitterやInstagram、そしてTABIPPOの運営する旅メディアなどで発信して頂くライターとしての活動です。

このライター活動でピースボートのPRを行ってもらうため、本来のピースボートの乗船価格よりもTRAVELERS BOATは格安で申込み頂くことが可能になっています。SNSでの発信やブログ記事作成の経験が無くても、TABIPPOメンバーがイチから詳しくやり方やコツを伝授しますのでご安心ください。

 

②下船後の生活や仕事、人生について考えるプログラム

2つ目は「人生を変える船旅にするプログラム」です。大学を休学する方、仕事を退職し転職活動前に乗船する人など様々かと思います。今後の人生や仕事の選択について講師がサポートし、大きなキッカケとなるようなプログラムを用意しております。

具体的には「人生でやりたい100のリスト」をプログラム参加者で作成、ブラッシュアップし、下船後や今後の人生でやりたいことを整理し、アクションを明確化するようなプログラムです。様々なジャンルのプロフェッショナルがTRAVELERS BOATのサポート講師として乗船し、プログラム参加者の今後の人生をよいものにするためサポート致します!

 

第93回のピースボート航海

◉寄港地 2016年12月9日(金)〜2017年3月22日(水)

日本→上海→シンガポール→モーリシャス→マダガスカル→モザンピーク→南アフリカ→ブラジル→ウルグアイ→アルゼンチン→チリ→ペルー→タヒチ→サモア→日本

◉金額

18歳〜24歳:850,000円
25歳〜29歳:990,000円

 

第94回のピースボート航海

◉寄港地 2017年4月12日(水)〜2017年7月25日(水)

日本→シンガポール→タイ→スリランカ→ギリシャ→サルディーニャ島→スペイン→・ポルトガル→フランス→デンマーク→ラトビア→ロシア→フィンランド→エストニラ→スウェーデン→ノルウェー→アイスランド→バミューダ諸島→ベネズエラ→パナマ→ニカラグア→エルサルバドル→ハワイ→日本

◉金額

18歳〜24歳:750,000円
25歳〜29歳:990,000円



こんな人にぜひ乗って欲しい!

③自分の目で世界を見たい!という人

約3ヶ月で数十カ国を訪れ、様々な寄港地で絶景や文化に触れる世界一周の旅です。バックパックでの世界一周よりも効率よく、各地の観光地を巡ることができますし、食事や宿泊先の予約に不安を感じることもありません。

また寄港先での観光に必要な場合はピースボートの用意したオプショナルツアーに参加することもできます。文化や歴史についてより深く学びたいという方にオススメです。

②一度仕事や学校をリセットして今後の人生について考えたい人

ピースボートには働いていた仕事を退職し、転職までのタイミングで乗船している若者、大学生活から一時的に離れ、将来のことを考えるために参加している学生が多く乗っています。

TRAVEERS BOATでは今後の人生の選択を考えていたり、方向性をまだ決めきっていない方々に対し、豪華な講師を含めた手厚いサポートで、「人生が変わるような旅」にすることをテーマに企画・運営いております。

③ウェブでの情報発信に興味がある人

今後さらなる発展が約束されている、インターネットの世界。TRAVELERS BOATでは、TwitterやInstagramでの情報発信や、TABIPPOの運営するTABIPPO.NETなどブログメディアでライターとして活動していく中で、そのスキルを磨いていただきます。

世界一周の船旅を終えた後も役に立つスキルを、TABIPPOのメンバーや講師から学ぶことができます。

 

TRAVELERS BOATに関するQ&A

Q,プログラム参加者の人数は何人くらいですか?
A,10名〜30名を予定しています

Q,食事は付いていますか?
A,朝・昼・夜の食事以外にも、カフェタイムやアフタヌーンティーまで料金に含まれています

Q,乗船費の支払いはいつですか?
A,出港日の1ヶ月前を目処となります

Q,荷物はどんなものが必要ですか?
A,ピースボートスタッフが個別窓口として詳細の対応致しますので、ご安心ください

Q,応募に必須のスキルや資格などはありますか?
A,無いです。29歳以下が対象のプログラムとなります

Q,何人部屋ですか?部屋割はどう決まりますか?
A,4人部屋です。もちろん同性部屋で、基本的に同年代の方々と同じ部屋になります。

Q,寄港地でのツアー参加は有料になりますか?
A,有料のものが多いです。ツアーの選択は自由で、申込まない人も多くいらっしゃいます。

Q,ピースボート乗船者の若者たちで交流する機会はありますか?
A,非常にたくさんあります。すぐ多くの乗船者と仲良くなれると思います。

Q,船の上ではみんななにをしているんですか?
A,船内新聞というものが毎日配布され、みんなそれぞれに講座を受けたり、企画としたりしています。

 

ピースボートの船上の様子

 

TRAVELERS BOATへの応募方法

応募を頂いた方にはパンフレットの送付、ご不明点の解消などを個別にご連絡させて頂きます。

また、全国各地のピースセンターにて、ピースボートの船旅およびTRAVELERS BOATのプログラムに関する説明会を開催しておりますので、お気軽にご参加ください!

詳細の質問やリリース情報など、LINEから行うことができます。ぜひお気軽にLINEに追加してみてください!

 

第1期TRAVELERS BOATメンバーの体験談

中村佳織
同じ世界を旅する仲間が1000人居て、船に戻れば寄港地での思い出を共有できることがとても楽しいです。1000通りの旅の楽しみ方を聞けるチャンスは他には無い魅力だと思います。TRAVELERS BOATのメンバーとは企画を一緒に作り上げたり、協力して記事を書くことで共に成長しています。本当に参加して良かったです。

黒崎浩司
TRAVELERSBOATに参加して旅の経験が豊富な方々とお話する機会が増え、これから旅をする事に対して知識と自信がつきました!金銭面でも余裕ができたので離脱という形をとれた事、そして何より今回の初期メンバーの4人に出会えたことが参加してみて一番良かったことです。ピースボートは今回のクルーズでは25寄港地というように色んな国を見れる所や水先案内人という各界の著名人の方々の話が聞ける所など貴重な経験になると思います。

安田菜々恵
いつか行きたいと思っていた世界一周、ピースボートへの参加を一押ししてくれたのが、「面白そう!」と思ったTRAVELERS BOATのプログラムでした。寄港地はもちろん、船上も想像以上に様々な経験ができ、日々充実しています。そして沢山の人と出会えたこと、何よりTRAVELERS BOATのメンバーと出会い、協力しながら色々なことに取り組むことのできる毎日が、私にとっては大きな財産となっています。

原田ゆみ
ピースボートに乗船して良かったことは、自分のしたいように1日を過ごすことが出来ることです。一人で海を見ながら過ごすのもよし、仲間と夜の星空を見ながら朝まで語り合うのもよし。これまで忘れがちであった、自分を見つめる時間を持つことが出来ました。そして、世代や国籍を超え、沢山の人々と出会えること、また熱い情熱を持ったスタッフの方々がこの船を運営していることもピースボートの魅力です。

 

ピースボートに乗船した経験者の声

安藤美冬

「船」というハードがあって、スポーツデッキも、レクリエーションルームも会議室もあって、いろんなそういう「場」が提供されている中で、何するのも自由。ここほど「さあ、何でもやれるよ」って実感できる場って、実はそうない。おそらく多くの人は、その自由さに戸惑うことでしょう。だって、日本で暮らす人の多くは、主導権を握った働き方も生き方もしていないから。会社の規則に従い、日常生活でも色々な場の空気を読みながら生きているでしょう。「さあ、なんでもやっていいよ!」とボールを投げられても、びっくりしちゃうわけですね。でも、そういう戸惑ったり引きこもったり「どうしよう」って思うような経験も含めて、すごく貴重な体験だなと思うんです。自分というものを深く深く知っていくための、素晴らしい時間になると思います。

太田尚樹

船の上では、自分をみつめ直す最高の時間を取れたと思っています。デッキに出れば毎日観られる海の絶景を前にしながら。バーで様々な年代の方と語らいながら。船内で毎日たくさん企画されるワークショップやイベントに参加しながら。これまでの自分はどうだったか、これからはどうしたいのか、じっくり考えることができました。イルカの大群や、嵐で荒れる夜の海、はたまた直接聞けたニカラグア元革命軍の方の人生観まで、自分の人生の大切な宝物となっています。

相川れいみ

ピースボートの魅力はなんといっても全国各地から乗船するパッセンジャーと一生の仲間になれること。世界各地を旅することはもちろん、洋上運動会や夏祭り、ミュージカルまで、船内で行われるイベントはどれも魅力的で、まるで毎日が高校の文化祭!海の上で偶然同じクルーズに乗った同世代の仲間たちと、喜怒哀楽を共にする中で生まれる絆は、ピースボートならではの魅力!下船後に全国にできた仲間を巡る日本一周の旅をする人も。刺激的な仲間を得ることで新しい自分を発見する特別な時間を過ごせました。

関連記事リンク(外部サイト)

世界5周以上した5人に聞いた「もう一度行きたい国」まとめ
日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
バハマの豚の島『ビッグ・メジャー・ケイ』にGO
新卒を捨てて、地球一周の船旅に出た物語

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP