ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動物園のゾウは1頭3000万円、キリンは1700万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年々来場者が減少しているという日本の動物園。人気の動物園も、来場者数がピーク時の半数にまで減っている状況があるという。

 そんな状況を打破するには、たとえば新たな施設を作って、新規の入場者を獲得するという方法が考えられるが、簡単にいかない理由がある。それは安すぎる入園料だ。『旭山動物園』は大人820円、『上野動物園』は600円だ。また、年間何度でも入れる年間パスも、『旭山動物園』が1020円、『上野動物園』で2400円とかなり安い。また、公的な施設であるために、「中学生以下、65才以上は無料」といった割引をする施設がほとんどだ。また、公立施設で市民の憩いの場という目的もあるため、値上げもできないというわけだ。

 いわば、赤字を税金で補う状況ゆえ、新しい施設どころか、老朽化した施設の建て替えに頭を抱えている動物園。そんななかで自ずと人件費は削減されていく。それゆえ飼育員ひとりひとりにかかる負担は大きくなっていく。動物園学が専門の帝京科学大学講師・佐渡友陽一さんが指摘する。

「日本の飼育員は海外と違って仕事が専門化されておらず、なんでもこなします。昔は飼育というと餌を与えて、掃除して終わりといった単純なものでしたが、今は動物が幸せに暮らすための飼育環境の向上への取り組み、血統登録や研究発表、来園者への情報提示など、現場はどんどん過重労働になっています」

 つまり入園者不足を解消しようと新施設を作ったり、なんとか赤字を減らしていこうと策を練ったりしているが、それらはすべて動物への過剰なストレスを伴うのだ。

 それゆえ、これから先もずっと、これまでと同じように動物園を身近に感じていたいならば、適正な入園料を私たちは考えていかなければならない。

 そこで参考になるのが海外の入園料だ。例えばアメリカの『サンディエゴ動物園』は約5000円、スペインの『ビオパーク動物園』は約2500円など、日本に比べて高い。

 また海外の動物園の多くは公営ではなく、寄付を募る「ファンドレイジング」という考えに基づいて運営されている。

「例えばアメリカの動物園は、非営利法人が運営していることが多く、助成金と寄付金で成り立っている動物園がほとんどです。限られた予算のなかで計画を立てるのではなく、市から助成金をもらいながら “次にこんないい施設を作ります”とアピールして一般から寄付を募ります。その分、出資している人の目も厳しくなり、理想の高い計画を立てることになります。

 実際、スイスのチューリッヒ動物園では、65億円もの寄付金を集めて巨大なゾウの展示施設を作りました。屋外はもちろん、ドームの内に複数の運動場があり、寒い冬の間は屋内だけで充分に過ごせます。寄付をもらう時は『動物のために使う』と約束しているそうです」(佐渡友さん)

 動物を養うことはきれい事ばかりではない。金と労力がすべてといっても過言ではない。例えば、動物園のスター動物、ゾウ1頭を新しく連れてくるには3000万円。キリンは1700万円だ。さらに養うとなると、食費だけでゾウは年間400万円、キリンは80万円必要になる。

 加えて動物の高齢化も深刻化している。戦後日本にやって来たゾウのはな子は今年5月に亡くなった。人間同士の介護でさえ、時に死を選ぶほど大変なのだから、老いた動物の世話に、どれほどの金と労力がかかるか想像にかたくないことだろう。

 そう思ってもう一度、あなたの住まいの近くにある動物園の入園料を考えてほしい。いかに安く動物たちと触れ合っているか──。

 映画でも『ズートピア』『ジャングル・ブック』など“動物もの”は今も老若男女から人気を誇っている。そんな動物たちとリアルに触れ合える動物園は貴重な場所だが、このままだとなくなってしまう可能性もある。私たちが動物とそれを支える飼育員の人たちの大変さやそのコストについて、一度でも思いを致したことがあっただろうか。今まさに転換期にある動物園。その変わりゆく様を、私たちは受け入れて、動物たちを守っていきたい。明日も動物園を楽しむために。

※女性セブン2016年10月13日号

【関連記事】
動物園の動物入手 後払いもしくは物々交換が行われることも
動物園の動物の仕入れ値 虎=500万、犀=4500万、羆=無料
動物園の鳥の仕入れの値段 ワシ=350万円、キジ=7500円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP