ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、ハイレゾ・LDAC・DSEE HX・ワイヤレスNC対応のBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 10 月 4 日、スマートフォンでの高音質サウンド体験を期待できるプレミアムクラスのハイレゾ対応 Bluetooth ヘッドホン「MDR-1000X」を発表しました。価格はオープンですが、予想売価は 40,000 円前後となっています。発売日は 10 月 29 日です。MDR-1000X は、ワイヤレスでのノイズキャンセリング機能や CD 音源をハイレゾ並みの音質にアップコンバートする DSEE HX、既存の SBC の 3 倍のデータ量(990kbps)を転送できる LDAC、そして、有線接続でのハイレゾ音源の再生に対応したヘッドホン。特に Xperia との相性は良さそうです。MDR-1000X の特徴はワイヤレスでのノイズキャンセリングに対応したところで、本体の内側と外側のセンサーで外音を聴き取り本体側でノイズを低減します。また、試験信号を発信して事前に個人の特性に合うように性能を最適化できる「パーソナル NC オプティマイザー」機能も搭載しています。さらに、タッチセンサーコントローラーを採用した右ハウジングを手で抑えている間だけ音量を下げてアナウンスを聞き取れるようにする「クイックアテンション」機能や、外の音を取り入れながら音楽を視聴できる「アンビエントサウンドモード」も搭載しています。Source : Sony

■関連記事
ソフトバンク、Nexus 6PにNBD90Xビルドへのアップデートを配信開始
「Googleスプレッドシート」にグラフの自動作成機能が追加、「Googleスライド」はRTLレイアウトに対応
「Googleドキュメント」のAndroidアプリがRTLレイアウトや改ページの挿入、ゴミ箱機能に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP