ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「Googleスプレッドシート」にグラフの自動作成機能が追加、「Googleスライド」はRTLレイアウトに対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google が自社の文書作成アプリ「Google スプレッドシート」と「Google スライド」の Android 版をそれぞれアップデートしました。「Google スプレッドシート」には今回のアップデートで、ドキュメントの内容を読み取りグラフの候補を表示する「データ探索」機能が追加されました。これは、ドキュメントのメニューリストにある「データ探索」をタップすると、グラフの候補が表示され、自動的にグラフを作成できます。「Google スライド」については、今回のアップデートでアラビア語やヘブライ語などの右から左に記述する RTL レイアウトに対応しました。どちらも先日紹介したゴミ箱機能が追加され、スライドメニューの「ゴミ箱」から削除したファイルを復活させたり、完全に削除することができます。「Google スライド」「Google スプレッドシート」(Google Play)

■関連記事
ソフトバンク、Nexus 6PにNBD90Xビルドへのアップデートを配信開始
「Googleドキュメント」のAndroidアプリがRTLレイアウトや改ページの挿入、ゴミ箱機能に対応
Sony、ハイレゾ・LDAC・DSEE HX・ワイヤレスNC対応のBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。