体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全国】旅のプロがおすすめ!秋を堪能する旅テーマ~文化編~

【全国】旅のプロがおすすめ!秋を堪能する旅テーマ~文化編~ 【全国】旅のプロがおすすめ!秋を堪能する旅テーマ~文化編~

さわやかな風の中、レトロな建築やアートに触れたくなる文化の秋。じっくりと歴史や文化を楽しめる、おすすめのスポットをご紹介します。

英国風の建物や文化を体験できる施設や、美しい海に囲まれた教会群、圧巻の天井画を鑑賞できるお寺など全国各地の魅力的なスポットがたくさん。和の文化はもちろん、様々な国の文化を堪能できますよ。

秋の休日にはいつもよりちょっと遠出をして、まだ見ぬ歴史や文化に浸ってみてはいかがですか?

起雲閣【静岡県熱海市】

文人墨客に愛される街、熱海のレトロ建築探訪。

起雲閣 建物 日本家屋の美しさと中国、欧州などの様式を融合させた独特の建物起雲閣 洋館「玉姫」 洋館「玉姫」には日本伝統の折上格天上に中国風の彫刻、西欧の暖炉も起雲閣 喫茶室「やすらぎ」

特製コーヒーや抹茶で一息つける、喫茶室「やすらぎ」

「東武鉄道の社長、根津嘉一郎などの別荘として建てられた「起雲閣」は、太宰治など文豪の宿でもあります。和風の大鳳、離れの孔雀等が豪華ですが、圧巻は鏡の間のようなサンルーム。迎賓館のような洋風の部屋が見事です。」

温泉研究家、一級建築士郡司 勇さん

温泉研究家、一級建築士郡司 勇さん

全日本温泉研究会会長。温泉巡りを続けて約30年。一級建築士の資格を活かし、各地の温泉施設の浴槽、浴室の改修を手掛ける。近著に「達人が選ぶ 名湯宿60選」などあり。

都心から近い温泉地・熱海は、名だたる富豪や文化人の別荘地として発展した街。1919年に別荘として築かれ、その後熱海を代表する旅館になった「起雲閣」をはじめ、一般公開されている名邸や記念館が多数ある。巡り歩いて、明治から昭和の建築美を堪能したい。 起雲閣(きうんかく)

TEL/0557-86-3101

住所/静岡県熱海市昭和町4-2

営業時間/9時~17時(最終入館16時30分)

定休日/水曜日(祝日の場合は開館)

料金/入館料510円

アクセス/JR熱海駅より徒歩20分

「起雲閣」の詳細はこちら

ブリティッシュヒルズ【福島県天栄村】

パスポート不要!日本の「英国」でプチ語学留学体験。

ブリティッシュヒルズ 英会話レッスンはもちろん、クッキング、スヌーカーなど英国文化を体験できるレッスンもブリティッシュヒルズ 客室
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。