体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大黒摩季、11/23勤労感謝の日に全シングル完全収録のベストアルバムをリリース決定

大黒摩季、11/23勤労感謝の日に全シングル完全収録のベストアルバムをリリース決定

大黒摩季が、復帰後初の作品となるベストアルバム「Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~」を11月23日に発売することが決定した。

ミリオンシングル「DA・KA・RA」「あなただけ見つめてる」「ら・ら・ら」を始め、「夏が来る」、NHKアトランタオリンピック放送テーマソングとなった「熱くなれ」、活動休止直前にリリースされた仮面ライダー000(オーズ)の主題歌「Anything Goes!」まで、デビューからの全シングルを収録。アルバム、そして今やなかなか聴くことが難しい8㎝シングルのカップリングから厳選された名曲の数々も合わせ、最新デジタルリマスタリングでより輝きを増したサウンドと、当時表に出なかった貴重な特典映像も収録される。

発売日となる11月23日は、奇しくも“勤労感謝の日”。働くすべての大人達へ大黒摩季の“エナジー全開のボーカル”と“ココロ熱くするパワーフレーズ”をたっぷり込めて届けられるベストアルバムが、日々がんばっている“あなた”を元気づけてくれるはずだ。

さらに、10月20日〜放送の大人気ドラマ テレビ朝日系 木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌に書き下ろした新曲「My Will ~ 世界は変えられなくても ~」も収録が決定した。

2010年8月にアーティスト活動無期限休止を発表し、今年8月13日地元北海道で行われた「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」を皮切りに本格的に活動を再開させた、大黒摩季。復活の舞台となった「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の会場は、1曲目の「熱くなれ」のイントロが流れると同時に一気にヒートアップし、彼女が登場するや、会場を埋めつくす老若男女が腕を振り上げ溢れんばかりの"力"で満たされ、ブランクを感じさせないそのパフォーマンスに酔いしれた。また“大黒摩季・復活”のニュースが列島を駆け巡ると、ライブイベントの出演や楽曲の制作依頼、各メディアからの出演オファー等が引きも切らずに寄せられているという。90年代を代表する大ヒットシングルを次々と発表し、シンガーソングライター・大黒摩季が多くの人の心に刻み込んだ“パワーフレーズ”は今もこの時代を“熱くする”力を放つ楽曲揃いだ。

「科捜研の女」主演・沢口靖子コメント
大人の女性への応援歌!「誰かと比べなければこの人生も悪くない…不器用でも自分らしく歩いてゆく ♪ 」というフレーズが特に胸にジーンと沁みました!「My Will ~ 世界は変えられなくても ~」とても素敵な曲です!皆さんもぜひ聞いてください!

「科捜研の女」主題歌について大黒摩季 コメント
今回、木曜ミステリー「科捜研の女」の主題歌を担当させて頂きます。プロデューサーから、主人公・榊マリコが番組の中で輝いて見えるようなキラキラしたサウンド、そして「希望に満ちた」歌詞にして欲しいというリクエストを受け、私なりに“彼女の意志”が伝わるような作品にしたつもりです。なので、タイトルの「My Will」は、“私の意志”であると同時に、沢口靖子さん演じる“榊マリコの意志=全ての働く女性たちの意志”でもあると思っています。そして、この番組を見て曲を感じて、自分の人生を否定しがちな疲れた心に、肯定的な光が降り注ぎますように。

ベストアルバム「Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~」について大黒摩季コメント
誰しも懸命に今を生きていれば、じっくり自分の人生を振り返ることなんて、早々ない。誕生日も大晦日だし、年々背負うものが増えれば尚更、お祝いや祝福はする側ばかりで自分の分など忘れて生きている、それが頑張りがちに育てられた昭和世代。けれど実家のようなBeingに舞い戻ったことで、自分でも忘れていたデビュー25周年を「四半世紀も続けられるって凄いこと!しっかり祝わなくちゃ!」と喜んでくれる人がいた。「摩季さんの歌、お母さんが大好きで知ってました!子供の頃わからなかった “ 夏が来る ” の歌詞が今は染みてきます。私も大黒摩季さんをいちから聞きたいデス!」そんな初々しい若手プロモーターがいた…etc。

復帰できるだけで御の字、温かく迎え入れてくれたファンの皆様や音楽業界にも大感謝。甚だ欲も牙もなくなった私にとって、このベストアルバムのお誘いは、まるでお腹を痛めて生んだ愛おしい子供の様な楽曲達を一つのHOMEに集めるということは、どんな逆境があっても作品にだけは誠実に理想を貫いてきた不器用な私への、25年分の誕生日プレゼント&人生のご褒美の様です。選曲やジャケットデザインなどする度に、思い出が溢れて、年々記憶量が減って行く寂しさを感じていたのが嘘のよう。休眠していた脳細胞にシナプスががんがん繋がりました。そういう意味でも、時々振り返り思い出を抱き締めるという作業は、この年齢になると大切でPOSITIVEな作業ですね。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy