ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「“プレゼンス”はガラスの靴のようなもの」3年間蓄積されてきたVR開発の知見をまとめた記事が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月1日に開催された、ゲーム開発エンジン「Unreal Engine」の勉強会である「UNREAL FEST 2016 YOKOHAMA」。当勉強会にて、OculusのGOROman氏によるVR開発に関する講演が実施されました。

講演で話されたテーマの1つである「VRにおけるプレゼンス」についてまとめた記事がQiita上に公開されています。GOROman氏は初音ミクと二人きりで過ごす『Mikulus』などOculus Riftを用いて数々のデモを開発してきた人物でもあります。3年間かけて蓄積してきた経験・知見が詰まった貴重な記事となっています。

GOROman氏は記事にて、以下のように述べています。

“(プレゼンスとは)「実在感」「存在感」という感じでしょうか?「そこにある感」 という感じがイメージしやすいと思います。没入感とは違うのか? というと、従来の映画でも没入感自体はありました。映画館のような巨大なスクリーンや3D映画は没入感を高められます。その一方でVRは「そこにある感」「その世界に居る感」を体験できます。プレゼンスを壊さない、剥がさないことはVR体験において大事です”

続いて、まるでガラスの靴のようなプレゼンスを維持するための方法、そして逆に破壊してしまう方法についても紹介しています。

プレゼンスを維持するための要素としては、「期待と結果」「VRとキャラクター」「自分のアバター」など、演出上の様々な要素を紹介。破壊してしまう方法については、スペック不足といったテクニカルな要素から「キャラクターがこちらを認知していない」といった演出的要素まで網羅的に紹介しています。

VRコンテンツを開発する際にはぜひ一読しておきたい記事です。

(参考)
VRにおけるプレゼンスの維持と破壊

qiita.com/GOROman/items/41f620957120d2b52ac3?utm_content=buffer8e385&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP