体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。

ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自由で、やさしくて、クリエイティブで、ハッピーで、ピースなレストランだ。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

名前は、「Spisehuset Rub & Stub」。

NPO(非営利団体)によって運営され、デンマーク難民委員会にも参加している。

目的はただ一つ。食品廃棄物と戦うこと。

食産業から生まれた〝ゴミ〟を利用して、コペンハーゲンからゴミを減らす活動をしている。そんなクリエイティブで、途方もなくピースなレストランを取材した。

(英語版サイトはこちらから)

01.
”ゴミ〟レストランへ!

食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

デンマーク人の友達に「面白い場所ある?」と聞いて教えてもらったレストラン。

住所だけ調べて、とりあえず下調べなしでレストランに向かった。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

カッコいい!!

後から聞いたところによると、この建物なんと築300年以上!コペンハーゲン市内の中でも有数の歴史的建造物らしい。

店内へ。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた デンマークらしいシンプルなオシャレを演出するレストラン。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた メニューはどうやら3つ。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

一番上のを注文すると、店内を見て回る間もなく食事が。

はやっ!!スタッフから一言、「おかわりは自由よ」。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた

おいしい!!!この後、おかわり2回(笑)。

食べ終わると、スタッフを見つけて直撃取材へ。「ちょっと時間いいですか?」と声をかけると、「10分だけね」とスタッフのマリアさん。食材はゴミ!?「Less is More」なコペンハーゲンの未来すぎるレストランを取材してきた
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy