ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rei×ペトロールズ長岡亮介「音楽で大事なのは◯◯感」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「CAFE TALK」。今週はシンガーソングライターReiさんと、ペトロールズのボーカル、ギター長岡亮介さんが登場。初日となる10月3日(月)のオンエアでは、二人の出会いにまつわるお話になりました。

出会いのきっかけは、Reiさんが下北沢のライブハウス「GARAGE」 でアルバイトをしていた時。初めてReiさんを見た時、長岡さんは「ドーンとした子がいるなあ」と思ったそうです。Reiさんが「暗いっていうことですか?」と聞き返すと、「暗い」という意味ではなく、「ドッシリしている」という意味だそう。

そんなReiさんは、以前から長岡さんのギタープレイを聞いたりコピーをしていたそうです。

Rei:1枚目のアルバムを作ることになって、私は昔、アメリカに住んでいて日本語と英語を話すので、主に英語で歌詞を書いているのですが、実は日本語がすごく好きで…。自分の耳心地にフィットできないかなあと思っていたんです。でも、誰に相談すれば良いのか分からず、そんな時に長岡さんの歌詞の響きが良くて。 「一緒に作品を作らせてもらえないかな」って思ってたんです。

長岡:そうだったんだ! 最初、Reiちゃんがギター弾くの知らなかったから、ギターをバリバリ弾いているReiちゃんを見てビックリしたよ。

アルバムを制作するにあたり、Reiさんは、人と一緒に音楽を作るのが初めてで、ドキドキしていたそうです。

長岡:初めてなのに、変な人を選んじゃったんじゃない?(笑)。

Rei:いやいや(笑)、ここで意見を言っていいのかとか、自分が違和感のある打ち込みを曲に入れるとか…「いいの!?」って思っていて。でも、違和感って悪いものだけじゃないということを教えてもらいました。

長岡:僕もプロデュースをやった事がないから、かなり強引だったね。

Rei:違和感で曲がカッコ良くなったのがすごい驚きでした。

長岡:違和感は大事だよ。

3枚目のミニアルバム「ORB」を発売したReiさん。3部作の3作目です。

長岡:(今までの楽曲と比べて)曲が華やかになったというか、柔らかい! 柔軟!

Rei:開けた感じというか、海外でライブしたり作品を二つ作ることで、お寿司のタコが揉まれて柔らかくなったというか…(笑)。いろんなものに対して寛容になったというか。

長岡:昔は噛み切れなかったんだね。今を生きている訳だから、自分を素直に落とし込まないとね、ただの後継者じゃないからね。そういう感じがしました!

「お寿司のタコが揉まれて柔らかくなった」とユニークな例えも飛び出し、ナビゲーター岡田も感心。お二人のトークは6日(木)まで続きます。放送は10時30分頃から、どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP