ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラサーでも要注意! こんな症状は更年期障害かも

DATE:
  • ガジェット通信を≫
アラサーでも要注意! こんな症状は更年期障害かも

更年期障害の症状は、一般的に女性の閉経の時期である50歳前後に現れるものです。その原因はエストロゲンやプロストゲンという女性ホルモンの減少によるもの。ところが最近は30代でも更年期障害の症状が出る女性が増えています。自分はまだまだそんな年齢ではないと思っても、他人事ではないかもしれません。しっかりと更年期障害の知識を付けておきましょう。

50代とは違う若年性更年期障害の原因は?

30歳前後でも更年期障害の症状が起こることがあります。その原因のひとつは、50代の更年期障害と同じ、女性ホルモンの乱れです。ただし、30歳前後で女性ホルモンが乱れるのは、不規則な生活や食生活の乱れなどのため。必要以上に過度なダイエットをすることも体のリズムを崩すため、女性ホルモンを乱す原因となります。若年性更年期障害の原因としてもうひとつ挙げられるのは、初潮の年齢の低下です。女性が持っている卵子の数は決まっています。そのため初潮が早く起きるほど卵子の数も早く減少し、仮に30代で卵子がなくなれば閉経することもあるため、更年期障害の症状が出ても不思議ではないのです。

こんな症状は若年性更年期障害を疑って!

若年性更年期障害の症状も、50代の更年期障害の症状とそれほど違いはありません。次のような症状があったら、若年性更年期障害を疑ってみましょう。

□小さなことですぐにイライラする
□顔だけが熱くなり、のぼせる、汗が出る
□めまいや肩こり、頭痛がひどい
□すぐに動悸や息切れを起こしてしまう

若年性更年期障害の症状は、放っておけば治るというものではありません。症状が進むと日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。心当たりがあれば医師に相談する方が良いでしょう。

若年性更年期障害にならないために。また症状を軽減するには?

更年期障害の症状はとても辛く、イライラしたり、気持ちが落ち込んだり、症状には個人差があります。なかには自分は生きている価値がないなどと思い詰めてるなど、メンタルに影響することも。更年期障害は、女性であれば誰でも症状が出る可能性はありますが、若年性更年期障害は、規則正しい生活をする、ストレスを溜めない、などの注意をすることで防げることもあります。適度に運動をしてストレスを発散させるのも、症状を軽減するいい方法です。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。