ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもたちの笑い声とデザインが一体となった、ダイナミックな空間。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートしたのは、子どものための施設をつくるスペシャリスト『HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro』。設計監理は『吉村靖孝建築設計事務所』。その土地の基盤となり、子どもたちにとって、あたたかい希望の光となるような場所である。

倉庫をモチーフに、
大型のテント建築を新設。

外から見ると、真っ白い巨大なテント、といった風貌。中に入れば、その天井の高さを生かした、のびのびとした空間が広がる。この建築物、もとは、敷地に残っていた古い倉庫をどうにか活かせないものだろうかと考えるところから始まった。しかし、倉庫から幼稚園へ用途を変える際、多額の費用がかかることが分かり、既存の倉庫をモチーフに、柱のない大型のテント建築を新たに新設したのだ。

雨に濡れない、大空間。

外観からはなかなか想像つかないが、大型テントのなかには、木造2階建ての園舎が入れ子状に建てられている。メインエントランスから中へ入り、建物中央に位置する広場へ向かうと、高さ8メートルに及ぶ吹き抜け空間が現れた。

自由な空間のための、ひと工夫。

うすい木造の壁がひと筆書きのように連なり、内部空間はゆるやかに仕切られる。子どもたちがこの中で、自由に遊ぶのが目に浮かぶようだ。

子どもたちのためだけではなく、
街の未来のために。

遠方から時間をかけて送迎する家庭が多いことを考え、子どもを送った後、すぐに自宅に戻らなくてもいいように、親子が一緒に過ごせるための子育て支援室も用意されている。日当たりよく、すっきりとした空間なので、地域のイベントスペースとしても活用できそうだ。
こういう場所をぼんやり眺めていると、建築物に完成はないのだなと思ってしまう。空間に人々が交差し、時を刻みはじめるときが、またあらたな始まりである。これから、どのように子どもたちに愛され、街に根づいていくのか。あたたかい目で見守りたいと思う。Licensed material used with permission by ふくます幼稚園,HIBINOSEKKEI + Youji no Siro,吉村靖孝建築設計事務所

関連記事リンク(外部サイト)

インテリアブランドが本気でデザインした、お洒落すぎる「ウォーターサーバー」
流れる水をデザインした「水道」が、オシャレすぎる
「あなたにとってデザインとは?」ナノ・ユニバース フラメント クオレのディレクター、バーバラ氏に聞く。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP