ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運動会前にチェック! 速く走れる4つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。いよいよ運動会シーズン到来ということで、10月2日のオンエアは「運動不足のお父さん、お母さん救済企画」と題して「大人のための、かけっこ講座」をお送りしました。

先生に教わる前にレイチェルが50メートルを走ったところ、記録は10秒46。これは小学3年生の女子のレベルだと知ってレイチェルはガッカリ! 「まるで雲の上を走っているようで、空回り感がすごかった…」とのこと。

体育家庭教師の派遣会社、スポーティーワン代表の水口高志さんによると、速く走るためには4つのコツがあるようです。

1.握りこぶしは作らない

・頭のてっぺんから足の先まで一本の棒になったイメージで正しく立つ。そのまま少し倒れるようにすると、どちらかの足が出るので、それが自然な一歩目の動きになる

・スタート時に握りこぶしを作る人がいるが、力が入りすぎてスタートの一歩が遅くなる

2.ひじの角度は90度

・腕を振るときに思い切り前に振ると動きが鈍くなる。腕は前に出すのではなく、後ろに引くことをイメージする

・なるべく力を抜いた状態で脇を閉めながら、「小さく前にならえ」の状態のように、ひじの角度を90度にする。そのひじを後ろに引く

3.ももを上げる

・腰のあたりに両手をかざして、手のひらにひざがタッチするようなイメージで、ももを上げて大きな走りを心がける

4.つま先で地面を蹴る

・地面をつま先で力強く蹴る。お父さん、お母さんはベタ足で走ることが多く、それでは前に行く力が出ない。馬が駆けるようなイメージで、土を蹴った後で跡が残るように走る

以上を踏まえた上で、もう一度走ったところ、なんとタイムは9秒08! (教わる前は10秒46)これは、小学5年生の男子レベルだそうです! レイチェルいわく「さっきと同じコースを走っているとは思えないくらい走りやすかったです!」とのこと。

これから運動会で走るという大人の皆さん、参考にしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時ー13時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP