ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ストレスを感じてる人は早めの処置を…タッピングタッチで身体も心もリラックスしよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111118tappingtouch.jpg

日本成人の5人に1人は、不眠症状があるそうです。
不眠の原因は様々ですが、仕事、人間関係などによるストレス、そして、現在では震災後の不安やストレスが睡眠に影響を与えているとか。
不眠が続けば、深刻な病気をもたらす原因にもなりかねません。
少しでもストレスから身体と心の緊張を緩和し、どこでも誰でも、手軽に癒しを得られる『タッピングタッチ』をご紹介します。
 
2001年、アメリカで臨床心理博士号を取得後、臨床心理学者として活躍をしていた、中川一郎博士が、帰国後 ホリスティック心理教育研究所を設立。ホリスティック(統合的)の定義を基礎にした技法『タッピングタッチ』を開発し、現在、様々な方面において活用されているようです。
タッピングタッチとは、心と身体の緊張をほぐし、人間が本来持っている内なる力のバランスを整えることで、自らの自然治癒力を高め、健康な心身をとりもどすサポートを目的とするもの。
タッピングタッチの技法は、とてもシンプル。特別な道具も必要ないので、いつでもどこでも手軽に行えます。1人でも行える『セルフ・タッピング』もあるみたいです。
技法は、指先の腹のところを使って、軽く弾ませる様に左右交互に優しくたたく(タッピング)ことを基本としています。タッピングタッチの基本についてはこちらを参照ください。

111118tappingtouch02.jpg

タッピングタッチの効果は、

● 心身の不安や緊張感が減り、リラックスする
● 身体的ストレス症状(肩や首のコリ)が減る
● 身体が温かくなる

また、心理的、身体的効果だけではなく、対人関係においても、”親しみがわき、安心感や信頼感を感じる”など、心身の健康促進と楽しい人間関係作りに効果をあらわしているようです。
では、なぜ、タッピングタッチが不眠症状に良いのでしょうか。
タッピングをすると、皮膚表面温度が上昇、血流も増加し、神経の休息を促す副交感神経が活性化し、α波が増加し、脳のリラックスを促進します。10分ほど続けていくと効果が感じられてくるそうです。タッチすることで心の緊張感が癒され、連鎖反応で身体の緊張もほぐれる、つまり、安心感で心が満たされる、心理的機能に大いに作用している。
タッピングタッチを試した人達は、“なぜだか 安心感が得られた”、”ホッとした気分になった”、など、気分が元気になるのを感じています。それが「心を健康にする」
中川博士が、「Love & Peace & Harmony」をスローガンに、1人ひとりが心の平和を取り戻すことで地球全体が本来の健康な姿を取り戻すというコンセプトを元に開発されたタッピングタッチ。
心に落ち着きを取戻し、心が元気になれば、身体も元気になり、”さぁ~また頑張ろう~”になるはず。災害以降、不安感と不信感が渦巻く日本、少しでもホッと出来るひとときをタッピングタッチで感じてみては?
Tapping Touch
(大澤まり)


(マイスピ)記事関連リンク
あなたの飼いネコは、幸運を呼び込むネコですか?
音楽マッサージで体温を上げて免疫力アップ!? 身も心も癒される音楽音響免疫療法「ボーンビートソファ」体験記
「普通の女性」が人生の絶望を乗り越えて再び歩き出す姿を繊細に描く映画『ラビット・ホール』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。